企業情報トップ > CSR・環境

CSR・環境

スズキは環境への取り組みの基本となる考え方として、「スズキ地球環境憲章」を2002年に策定しました。スズキはこの地球環境憲章の考え方の下、全社をあげて環境への取り組みを体系的に推進するとともに、従業員一人ひとりが地球環境保全に取り組んでいきます。

スズキ環境・社会レポート

スズキ地球環境憲章(2002年策定、2006年改訂)

環境理念

美しい地球と豊かな社会を次の世代に引き継いでいくために、一人ひとりの行動が地球の未来を左右する大きな力を持つことを自覚し、地球環境保全に取り組んでいきます。

環境基本方針

  • ■環境法規を遵守し、自主基準の運用を推進します。
  • ■事業活動及び製品の環境負荷を積極的に低減します。
  • ■環境管理体制を整備し、継続的に改善していきます。
  • ■環境コミュニケーションを積極的に推進します。

スズキの環境ブランド SUZUKI GREEN

SUZUKI GREEN

スズキは、「スズキ地球環境憲章」の実現に向けて、スズキが取り組む方針、技術や活動を「SUZUKI GREEN」と名付けました。
「SUZUKI GREEN」には環境方針、次世代環境技術、環境活動などを示す3つのカテゴリー(SUZUKI GREEN Policy・SUZUKI GREEN Technology・SUZUKI GREEN Activity)を設けています。

環境計画や各種ガイドラインなどを含む、スズキの環境に対する政策や方針を表します。

低燃費化技術・軽量化技術などの新技術を含む、スズキが開発し、製品に活かしている次世代環境技術を表します。

地球温暖化の抑制や環境保全の推進などに対する、開発・生産・物流など各部門が取り組んでいる 様々な活動を含む、スズキの環境に対する理念を実現するための取り組み、活動を表します。

  • スズキの森 植林活動
  • スズキ クリーン・アップ・ザ・ワールド・キャンペーン
  • 地球温暖化の抑制、3R、環境保全の推進等に対する開発・生産・物流・オフィスにおける各取り組み   など

環境データ