沿革

スズキの歴史は、世界中のお客様とともに歩む歴史です。

1909年

1909年10月 スズキ式織機鈴木道雄、静岡県浜名郡天神町村で鈴木式織機製作所を創業。
1920年3月 鈴木式織機株式会社として同地に法人設立、資本金50万円。
鈴木道雄、社長に就任。
1940年 静岡県浜名郡可美村に高塚分工場が完成。
1945年9月 戦災による被害甚しく、本社工場を閉鎖。事務所を高塚分工場内に移転。
1947年5月 本社を現在地(静岡県浜松市南区高塚町300)に移転。
1949年5月 東京、大阪、名古屋各証券取引所に株式を上場。
1950年5月 労働争議。経営危機に陥る。
1952年6月 パワーフリー号輸送用機器へ進出。バイクモーター「パワーフリー号」(2サイクル36cc)発売。
1953年3月 バイクモーター「ダイヤモンドフリー号」(2サイクル60cc)発売。バイクブームにのり、月産5,000台に達す。
1954年6月 鈴木自動車工業株式会社に社名変更。
1955年3月 コレダ号新型二輪車「コレダ号」(2サイクル125cc)発売。当社の主力製品となる。
10月 スズライト軽四輪乗用車「スズライト」(2サイクル360cc)発売。わが国の軽自動車の先鞭をつける。
1957年2月 鈴木俊三、社長に就任。鈴木道雄、相談役に就任。
1958年10月 社章マークを制定。
1959年8月 二輪新製品「コレダセルツイン」(2サイクル125cc)発売。
軽四輪ライトバン「スズライト」(2サイクル360cc)発売。
1961年4月 繊維機械部を分離、鈴木式織機株式会社を設立。
9月 愛知県豊川市に軽四輪トラック工場が完成。「スズライトキャリイ」(2サイクル360cc)の生産を開始。
1962年3月 社是を制定。
6月 英国マン島TTレースで50cc部門で優勝。
1963年8月 米国ロサンゼルスに販売会社 米国スズキ社を設立。
1964年12月 竜洋テストコース完成。
1965年4月 D55船外機部門に進出。「D55」(2サイクル5.5馬力)発売。
8月 新型小型車「スズキフロンテ800」(2サイクル)発売。
1966年6月 社旗、社歌を制定。
1967年1月 新型二輪車「K50」(2サイクル50cc)発売。
3月 タイスズキモーター社を設立。(スズキ初の海外二輪車生産工場。)
4月 軽自動車「スズキフロンテ」(2サイクル360cc)発売。
8月 静岡県磐田市に磐田工場(四輪車)が完成。
1968月3月 軽自動車「スズキキャリイバン」(2サイクル360cc)発売。
1969月10月 富山県小矢部市に富山工場(二輪車)が完成。
ページのトップへ戻る