反射神経と運動神経。この両方を強化したパワーユニット。

R06A型ターボエンジン(VVT付)イメージ図

*VVT=Variable Valve Timing

新設計の吸排気システムやエキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用により軽量化を実現したR06A型ツインカムターボエンジンをベースに、WORKS専用チューニングを施した。よりスポーティーなエンジン制御プログラムを採用し、ターボラグを抑えることで加速時のレスポンスを向上。また燃焼室温度を下げることで、燃料充填効率を向上させながらノッキングも回避し、力強いトルクと熱効率向上を実現している。

最高出力(ネット) 47kW<64PS>/6,000rpm
最大トルク(ネット) 100N・m<10.2kg・m>/3,000rpm

* <>内は、旧単位での参考値です。

低速での高過給に対応し、高レスポンスな加速を実現するターボチャージャー。

ターボチャージャーイメージ図

ターボラグを低減させレスポンスのよい加速を実現するためのチューニングを施しました。エネルギーロスを抑えてスムーズに過給に変換するコンプレッサー翼形状を採用。また、排気経路の面積を最適化してタービン室内のガス流速を高めることで低速から力強いトルクの発生を可能にしています。

燃焼効率を高めながらノッキングも抑制する高タンブル吸気ポート。

シリンダー内に均一的な混合気の縦渦を発生させる高タンブル吸気ポートを採用することで燃焼を効率化。熱効率の向上とノッキングの抑制にも貢献し、よりスムーズなトルクフィーリングを味わえる設定としています。

トルク向上に貢献する軽量かつコンパクトな排気設計。

エキゾーストマニホールドをシリンダーヘッドと一体化させ、さらにターボチャージャーを直接取り付けることにより、軽量化と小型化を実現。熱損失を低減しエンジンパフォーマンスを高めることに貢献しています。

走行性能と環境性能を両立するアイドリングストップシステム。(5AGS車)

Dレンジで走行中にブレーキを踏んで停車すると、自動でエンジンを停止。ブレーキを離せばスムーズに再始動し、燃費向上や排出ガス、騒音の低減に貢献します。また夏場のアイドリングストップ中も冷たい風をキープする「エコクール」が室温上昇によるエンジンの再始動を遅らせ、低燃費に貢献します。

  • ●アイドリングストップランプが点灯していても、条件によってはアイドリングストップシステムが作動しない場合があります。
  • ●「アイドリングストップOFFスイッチ」を押せば、システムの作動を停止することができます。また、アイドリングストップ中のスイッチ操作で任意にエンジンを再始動することもできます。
  • ●アイドリングストップ中でもオーディオなどの電装品は使用可能。エアコン使用中の場合は送風に切り替わります。さらに、車内の温度変化に応じて自動的にエンジンを再始動し、エアコンを作動させることで車内の快適性を保ちます。
  • ●アイドリングストップシステムの作動には、一定の条件を満たすことが必要です。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

2WD・5MT

燃料消費率(国土交通省審査値)
23.0km/L

2WD・5AGS

燃料消費率(国土交通省審査値)
23.6km/L

※燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

車種別の環境情報についてはこちら
車種別環境情報

さらなる刺激を求めて開発されたトランスミッション。

5速マニュアルトランスミッションイメージ図

意のままに操ることを求めるか。よりスピーディーに駆けることを求めるか。走りにこだわるドライバーほどシフト操作にこだわるのは、走りの愉しみ方がそこで決まるからである。アルト ワークスのドライビングに相応しいトランスミッションとは。その答えを徹底的に追求した。

5MT

シフト操作の愉しさを追求し、ショートストローク化した5速マニュアルトランスミッション。

アルト ワークスの開発にあたって最も重点を置いたのは、「操る愉しさ」の追求です。この設計思想を高いレベルで体現するために専用開発の5速マニュアルトランスミッションを搭載しました。ギヤをクロスレシオにすることで、エンジン回転数を常に有効なパワーバンド内にキープしながら加速していくことが可能に。また軽快なシフト操作を実現するために、専用設計のショートストロークシフトを採用。シフトチェンジ時に気持ちのよい手応えをドライバーへフィードバックするためのチューニングも施しています。さらにクラッチペダルストロークに対して、トルク伝達がリニアに立ち上がるクラッチ荷重特性とすることで、スムーズでありながら力強い発進を実現。ドライバーの意のままに操れるクルマをつくりたい。そんな走りへの理想を具現化したトランスミッションがここにあります。

5AGS

AGSイメージ図

専用チューニングを施し、よりスポーティーな走りを実現したAGS&パドルシフト。

トランスミッションとエンジンを協調制御することによりシフトチェンジのタイミングを最適化するAGS(Auto Gear Shift)はMTとATの利点を融合させたシステムです。アルト ワークスに搭載される5AGSは、変速制御プログラムにチューニングを施すことで変速スピードの短縮を実現し、さらにスポーティーな走りを味わうことが可能に。また、ダイレクトなシフトフィールを愉しめるM(マニュアル)モードを選べば、パドルシフトを使ってカーブが続く道でもステアリング操作に集中しながら手元でスピーディーなシフトチェンジが行えます。

M(マニュアル)モード付シフトレバー

パドルシフト

ハードコンディション下でも高い走行性能を発揮する4WDシステム。

4WDシステムイメージ図

通常は前輪よりに駆動を配分して走行しながら、路面状況に応じて前後輪に最適な駆動を自動配分します。滑りやすい路面での発進・加速時は、駆動力のロスを低減して高いグリップ力を発揮。力強く安定した走りに貢献します。

WORKSの走りを支えるボディーシェル。

ホワイトボディーイメージ図

サスペンションの保持、リニアなハンドリングや高い走行安定性能の実現、パワートレインや路面からの振動の低減。ボディーシェルはこれらの要求に応える高い剛性に加え、何よりも軽さが求められる。スポーツ走行時に発揮されるパフォーマンスの根幹を成すものだからこそ、スポット溶接の増し打ちも行い徹底的にこだわってつくりあげた。

高剛性と軽さを高次元で両立した新プラットフォーム。

骨格部が連続する滑らかな形状を採用したプラットフォームは、補強部品を減らし板厚を薄くすることでボディー全体の軽量化に寄与。同時に高い剛性も確保しており、ダイナミックなドライビングに相応しい設計です。


高い走行安定性と安全性を誇る新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」。

高張力鋼板や超高張力鋼板を採用し軽量化と高い安全性を両立。また前部に装備されたストラットタワーバーをはじめ、フロントバンパーメンバーやリヤフロアクロスメンバー、後部のスポット溶接増し打ちなどによりボディー全体の剛性を高めています。

KYB製ショックアブソーバーの採用をはじめ、さまざまな専用チューニングを施したサスペンション。

高い接地感と応答性を実現する新開発サスペンションをベースに、WORKS専用チューニングを施しています。KYB製ショックアブソーバーの採用などによりサスペンション特性を最適化。高速コーナリング時のロールを抑え、高い操縦安定性を発揮します。

スポーツ走行を支える高性能タイヤ&アルミホイールとベンチレーテッドディスクブレーキ。

15インチラジアルタイヤ&アルミホイール[ブラック塗装]

高い操縦安定性と快適な乗り心地を両立する高性能タイヤ(POTENZA)に、リム幅を広げたアルミホイール[ブラック塗装]を組み合わせ、ハンドリングの応答性を向上。またスポーティーなブレーキフィーリングを味わえるベンチレーテッドディスクブレーキ(フロント)を採用し、キャリパーにはアグレッシブな走りを予感させるレッドのカラーリングを施しています。