コンパクトボディーの中は、ゆとりあふれるビッグスペース。

*フロアマットは販売会社装着アクセサリー(別売)です。

Photo:HYBRID SV ボディーカラーはスーパーブラックパール(ZMV)

*フロアマットとナビゲーションは販売会社装着アクセサリー(別売)です。また、ナビゲーション付属のTV用アンテナ等は、撮影のため取り外しています。

Photo:HYBRID SV 全方位モニター用カメラパッケージ・後席右側ワンアクションパワースライドドア装着車 ボディーカラーはピュアホワイトパール(ZVR)

ボディーサイズからは想像できないほど、広い室内。
独創的なパッケージング

*フロアマットとナビゲーションは販売会社装着アクセサリー(別売)です。また、ナビゲーション付属のTV用アンテナ等は、撮影のため取り外しています。

Photo:HYBRID SV ボディーカラーはファーベントレッド ブラック2トーンルーフ(CFH)

「外は小さく、中は大きく」。そんなコンパクトカーの理想を徹底的に追求することから、独創的なパッケージングが生まれました。その室内長は、コンパクトハイトワゴンNo.1※1。頭上にも足元にもゆとりあるビッグスペースが、乗る人すべてを心地よくつつみこみます。

※1 コンパクトハイトワゴン=総排気量1.5L以下・全高1,600mm以上の2列座席5ドアワゴン。2018年7月現在、スズキ調べ。ソリオも同数値です。また、他社にも同数値の車があります。

ラクな姿勢でリラックスできる、リヤシート。
リヤシートスライド&リクライニング機構

リヤシートスライド

リヤシートリクライニング

シートの角度調整ができるリクライニング機構と、シート位置の前後移動ができるスライド機構をリヤシートにも採用。いずれも左右別々に動かせるので、思い思いの姿勢でリラックスできます。

※2 リヤシートスライド位置により最大後斜角は異なります。

ロングドライブもラクラク。
後席センターアームレスト

リヤシートをより快適にするセンターアームレストを採用。使用しないときは、背もたれ部に格納できるシート一体型です。

後席用のテーブルも用意。
パーソナルテーブル(後席左右)

ドリンクホルダーが2つ、ショッピングフックが3つ付いた折りたたみ式のテーブルです。運転席と助手席のシートバックに装備。

  • *テーブル耐荷重2kg
  • *ショッピングフック耐荷重4kg(テーブル裏の2カ所は1kg)
  • *安全のため、走行中はパーソナルテーブルを格納し、使用しないでください。

このボディーサイズと広い視界が、運転しやすさを高めてくれる。

  • *フロアマットとナビゲーションは販売会社装着アクセサリー(別売)です。また、ナビゲーション付属のTV用アンテナ等は、撮影のため取り外しています。
  • *画面はハメコミ合成です。

Photo:HYBRID SV 全方位モニター用カメラパッケージ・後席右側ワンアクションパワースライドドア装着車 ボディーカラーはピュアホワイトパール(ZVR)

扱いやすさにこだわったボディーサイズ。

※3 ルーフアンテナを折り畳んだ際の数値です。

Photo:HYBRID SV 全方位モニター用カメラパッケージ・後席右側ワンアクションパワースライドドア装着車 ボディーカラーはプレミアムシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ(CA3)

全幅を5ナンバー車最大の1,695mmではなく、あえて1,625mmにするなど、扱いやすいボディーサイズにこだわりました。また、エンジンルームを小さくしたショートノーズデザインなので、車両感覚もつかみやすく、狭い路地でも余裕をもって走れます。

アイポイントが高いから、見晴らしがいい。

Photo:HYBRID SV 全方位モニター用カメラパッケージ・後席右側ワンアクションパワースライドドア装着車 ボディーカラーはプレミアムシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ(CA3)

ガラスエリアが広いだけでなく、シートに座ったときのアイポイントが高いので、運転席からの見晴らしはバツグン。また、強度を保ちながらフロントピラーを細くするなど、ドライバーからの死角をできるだけ少なくする工夫も施しました。

  • *ナビゲーションは販売会社装着アクセサリー(別売)です。また、ナビゲーション付属のTV用アンテナ等は、撮影のため取り外しています。
  • *画面はハメコミ合成です。
  • *平均燃費は表示例としてHYBRID SVの燃料消費率(JC08モード走行、国土交通省審査値)の数値を使用しており、実際の走行状態を示すものではありません。

ステアリングを握ったまま、シフト操作が可能。
パドルシフト

ステアリングを握ったまま、指先ですばやくシフト操作ができるパドルシフトを搭載。よりスポーティーな走りが楽しめます。

ドライバーに合わせて、シート高も調整可能。
運転席シートリフター

体格や好みに合わせて、シートの高さをきめ細かく調整することが可能。常に最適なドライビングポジションが得られます。