毎日の仕事に使うからこそ、高い安全性を追求。

軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]の採用をはじめ、安全性を高める各種装備で「56km/hオフセット衝突法規」に対応

衝突時の衝撃を吸収するクラッシャブル構造や、衝撃を効果的に分散する骨格構造、高強度なキャビン構造など多くの安全技術を投入した軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]を採用し、万一の際の安全性を高めています。

高張力鋼板の採用により安全性を高めたキャビン構造&下まわり

フロントフレーム部などを中心に高張力鋼板を採用するとともに、バンパーなど各部位を強化して軽量化を図りながら衝突安全性を高めました。

万一の際に前面・後面からの衝突エネルギーを分散・吸収するキャビン構造&下まわり

大型のヘッドレストを装備

サイドドアビームを2本採用

側面衝突だけでなくオフセット衝突による車体変形を抑えるサイドドアビームを左右それぞれのドア内部に2本採用。

*写真は機能説明のため着色しています。

日々の運転をサポートする安全装備

サイドデフロスター

サイドウインドーの曇りを取り、側方の視界を確保します。

フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ(KX)

バックブザー(KC 農繁仕様)

シフトレバーを「後退(R)」に入れると、車両の後退を知らせる警告音を鳴らします。

エンジンクラッチスタートシステム(5MT車)

誤操作による発進を未然に防ぐため、クラッチペダルを床まで踏み込まないとエンジンがかからないクラッチスタートシステムを採用しています。

SRSエアバッグを運転席・助手席に標準装備

*エアバッグ膨張時イメージ写真

Photo:KX

前方向からの衝突時にセンサーが一定以上の衝撃を感知すると、エアバッグが瞬時に膨張・収縮。シートベルトの効果とあわせて、頭部や胸部への衝撃を緩和します。

  • *SRSエアバッグシステムは、シートベルトを補助する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。
  • *SRSエアバッグシステムは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。また、ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をよくお読みください。
    SRS=Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

4輪ABS[EBD付]を全車に標準装備

滑りやすい路面での急ブレーキ時には、4輪ABSが作動。タイヤのロックを防ぎ、車体を安定させて、ハンドル操作で障害物を回避できるようにサポートします。

*ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。従って安定性の確保にも限界がありますので、ABS非装着車と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要です。安全運転を心がけてください。
ABS=Anti-Lock Brake System
EBD=Electronic Brake force Distribution

安全性を高めたシートベルト機構

衝突時にシートベルトのゆるみを瞬時に巻き取るプリテンショナーと、胸部への衝撃を緩和するフォースリミッターを運転席、助手席に標準装備。

メーカーオプション(KXに設定)

Photo:KX 4WD 5MT ディスチャージヘッドランプ装着車(メーカーオプション)ボディーカラーはスペリアホワイト(26U)

ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレべリング機構付]

54,000円高(消費税込み)

長寿命・省電力で、ハロゲンヘッドランプの約2倍の明るさと、より遠くまでの照射距離を実現。

*メーカーオプションはご注文時に申し受けます。ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。