四輪車トップ > ラインアップ > キャリイ > スーパーキャリイ 近日発売!

ゆったりキャビンと安心装備。新型 スーパーキャリイ 近日発売!

SUPER CARRY

快適性と便利さを兼ね備えたキャビン

運転席のシートスライド量はなんと180mm。大柄な方でもゆとりある運転姿勢をとることができます。運転席のシートリクライニングは最大40°まで倒すことができるので、仕事の合間の休憩時間も、手足を伸ばしてゆったりと車内でくつろげます。頭上空間も広く、解放的です。

シートスライド

シートリクライニング

※1 軽自動車トラッククラス。2018年3月現在、スズキ調べ。

*運転席の最大シートリクライニング角度は、シートスライド位置により異なります。Photo:X 2WD 3AT車 ボディーカラーはスぺリアホワイト(26U)

大容量のシートバックスペース

高さ920mm×横幅1,235mm×長さ250mmのシートバックスペースを実現。例えば、高価な工具、雨に濡らしたくない衣類や食品、大事な書類などを収納可能。さまざまな仕事のニーズに応えます。

キャビン下も使える荷台

スーパーキャリイは荷台床面をキャビン下まで伸ばしたレイアウトを採用。長尺物の積載が可能な荷台フロア長1,975mmを確保しました。脚立や草刈り機、オートブリッジ、コンパネ等も積載可能です。

*サイズや形状によっては積載できない場合があります。

先進の予防安全技術を採用

毎日の仕事に使うから、安全にもこだわりました。4輪ABSの標準装備とともに「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」の両方を軽トラックに初めて採用※2。事故を未然に防ぐ安全性をさらに高めました。また、運転席・助手席SRSエアバッグの標準装備とともに、軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]や、サイドドアビームを左右2本ずつ採用するなど、衝突時の高い安全性も追求しています。

誤発進抑制機能

後方誤発進抑制機能

※2 軽自動車トラッククラス。2018年3月現在、スズキ調べ。

SUZUKI Safety Support スズキの予防安全技術

前方に障害物がある場合(作動条件)停車または約10km/h以下で前進中、前方約3m以内に障害物があるとき

例えば、シフトレバーがDの位置でブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んでしまった…(5AGS車の場合)自動でブレーキをかけて車両を停止させる機能ではありません。

後方に障害物がある場合(作動条件)停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物があるとき

例えば、前進しようとして間違えてシフトレバーがRの位置でアクセルペダルを踏み込んでしまった…(5AGS車の場合)自動でブレーキをかけて車両を停止させる機能ではありません。

リヤゲートが
開いていると
正常に作動しません。

超音波センサーをリヤゲートなどで遮ると、後方誤発進抑制機能が正常に作動しなくなります。リヤゲートが開いた状態でシフトレバーをRに入れるとOFF表示灯が(3秒に1回)点滅します。

アクセル開度によっては、誤発進抑制機能・後方誤発進抑制機能は作動しません。

*5MT車の場合、クラッチのつなぎ方によっては、飛び出し感が強くなることがあります。*スペーシアやクロスビーに装着されている衝突被害軽減ブレーキや後退時ブレーキサポートは装着されていません。

検知性能・制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

LINEUP

X キーレスエントリー、フォグランプなどを装備した上級グレード

L エアコン、エアバッグなどを装備した充実のグレード

BodyColor

  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
  • スペリアホワイト(26U)
  • ノクターンブルーパール(ZJP)
  • ガーデニングアクアメタリック(ZVK)
  • シルキーシルバーメタリック(Z2S)