SUZUKI WITH DOG 愛犬と愉しむカーライフを応援

ここでは危険な場面にあわないための予防安全技術
「スズキ セーフティ サポート」を紹介します。

人にも、クルマにも作動する衝突被害軽減ブレーキ。

デュアルセンサー
ブレーキサポート

前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によってドライバーに警告。強くブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

踏みまちがいによる急発進を回避

誤発進抑制機能

駐車場などで、前方に壁などがあるにも関わらずシフトをD・L・M(前進)の位置でアクセルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制。急発進・急加速を抑えて、踏みまちがいなどによる衝突回避に貢献します。

欲しい情報を視界の中に。

ヘッドアップディスプレイ

運転に必要な情報をフロントガラスにカラーで映し出す、フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイ。車速やシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などが、視線の先に焦点を合わせやすいように表示され、メーターパネルを見なくても確認可能。ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転に貢献します。

バック時にも自動ブレーキが作動

後退時ブレーキサポート

リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物との距離を測り、4段階のブザー音で障害物の接近をお知らせする「リヤパーキングセンサー」を搭載。さらに、後方の障害物との衝突の可能性が高まると自動ブレーキが作動し、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

シフト入れまちがいによる不意の後退を回避

後方誤発進抑制機能

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR (後退) の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止。うっかり誤操作による衝突回避に貢献します。

*グレードにより仕様・装備が異なる場合がございます。詳しくは車種別カタログをご覧ください。

詳しくは「スズキの安全技術」をご覧ください。

ページTOPに戻る