新型ジムニー

新型ジムニーシエラ

JIMNY×TERRY with

テリー伊藤のジムニー原論Vol.3

テリー伊藤がいま一番気になるクルマがジムニーシエラ。念願の初試乗は週に3日通う慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスをベースに行った。

聞き手/本誌・本郷 PHOTO/平野 学

慶応の湘南藤沢キャンパスからクルマで30分ほどの湘南T-SITEは私にとっての憩いの場所。小気味のいい走りのジムニーシエラならいろいろなところに出かけたくなる。

今回も本郷編集長と半日ほどドライブ。シートとシートの距離が近いこともあるだろう、話が弾んだ。

慶応の湘南藤沢キャンパスにジムニーシエラで通ってみた

伊藤 編集長、もう40分も待ちましたよ。

本郷 えっ!? すみません。でもまだ約束の時間の20分前ですよ。

伊藤 今日の40分の"お預け"は拷問ですよ。

本郷 そのぶんじっくり乗っていただきます。ところでここ、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにテリーさんは通われているんですよね。

伊藤 そうですよ。年齢で50歳も違う学生たちと学ぶのは刺激があります。その刺激を受けにジムニーシエラで行けるなんて、いつもの3倍ウキウキします。

 

ついにジムニーシエラに乗る日がやってきました! 私の思いの丈をありったけ告白したいと思います。それにしてもこのオーバーフェンダーかっこいいでしょ!

ボディカラーはジャングルグリーン。深いグリーンはジムニーやジムニーシエラの定番カラーだ

本郷 じゃ行きましょう。

伊藤 ダメダメ、ちょっとフェンダーをチェックさせてください。シエラがかっこいいのはこのフェンダーのおかげです。ステアリングを切った時にタイヤがフェンダーの外に出るでしょう。その時の逞しさ、セクシーさが最高です。

本郷 セクシーですか!?

伊藤 男らしいセクシーさですよ。アスリートに感じるでしょう。(ブルルン)エンジンをかけましたが、アイドリングが静かですね。ではスタートします。

雨の日も落ち着くねえ!

安定感のあるジムニーシエラなら雨の日も安心だ。ワイパーレバーも太くて気に入った。

本郷 (ブーン)テリーさん、ずっと黙っていらっしゃいますが、どうされましたか?

伊藤 いやどこにも欠点が見当たらないので、コメントできなかったんです。低速からスムーズに走るし、何よりキックダウンで加速した時の力強さがいいですね。エンジンが1.5Lになった効果は予想以上です。

本郷 そうですか? インテリアの印象はどうですか?

伊藤 今日はたまたまダイバーウォッチをしているけど、メータークラスターやエアコンのスイッチ類は、ギア感覚に溢れています。デザイナーさんはセンスいいね。一点だけ本格SUVにはいらないという声は承知で、肘掛けが欲しいな。

燃料タンクは40L。今回燃費は12.1㎞/Lだったから満タン400㎞は軽い。東京〜名古屋間なら無給油で走れるぞ

1.5Lエンジンになりずいぶん余裕が生まれた。パワーはもちろんだが静かになって運転がしやすい

スタンドでジムニーのXGグレード発見。てっちんホイールもなかなかすっきりしていい感じだ。

本郷 以前乗ったジムニーと比べるとどうですか?

伊藤 ジムニーよりもどっしりとした印象で、軽快なジムニーとは明確に違いますね。首都圏と呼ばれるようなところで、少し坂道があるならこっちをオススメします。

本郷 確かに大学の周りやオシャレな湘南T-SITEにも似合っていましたね。

伊藤 今日もし編集長の代わりにスズキのディーラーマンが来ていたら商談成立、ハンコを押していたかもしれません。それほど私はジムニーシエラにメロメロです。

テリーの結論 「辛抱たまりません」私は買う気に走っています!

カメムシがやってきた。普通なら追っ払うところだが、ジムニーシエラに乗る私はすんなり受け入れた。

私はもともとジムニーよりもジムニーシエラのほうが好きだ。昨年秋にシエラを買った時はアリーナ店に試乗車がなく、親切なディーラーマンがどうにか1台見つけてきてくれた。最初に見た時大きく張り出したフェンダーにビビッときた。SUV本来の道具としての頑丈さを感じたからだ。
しかし、現行型のジムニーシエラと比べると控えめだ。私のシエラはボディがホワイトでバンパーやフェンダー、サイドパネルが一体となったシルバーで、2トーン塗装のためフェンダーが実際ほど張り出して見えない。
新型はフェンダーがブラックアウトされ、アーチの形にエッジがあり、思わずフェンダーに目が行く。デザイナーさんはシエラにスポットライトを当てたかったに違いない。
全幅を1600mmから1645mmへ大きくし、トレッドも前後40mm拡大した。その効果はテキメンでジムニーよりも逞しく、これまで「従兄弟」のようなイメージだったが、今回はハッキリと強い「兄貴」というイメージになった。言い換えれば市民権を得たということだ。今回の試乗で欠点がないこともわかったし、あのにこやかなディーラーマンに会いたいとも思う。
もし手に入れたら、この目立つフェンダーをボディ同色に塗ったらどうだろう、例えば白一色とか!? ここ数日私の頭に黒いフェンダーが座り込んで離れません。

別れの日は近いかも!?

昨年秋に買ったばかりだが、新型の魅力の前には……スミマセン。その時は許してくれ!

テリー伊藤のジムニーシエラドレスアップのススメ

本郷 前回はスペアタイヤカバーの話をしましたが、純正アクセサリーはほかにもたくさんあります。ほかのオーナーとの違いをさり気なくアピールしたいところです。

伊藤 アクセサリーカタログを見たんだけど、一番のオススメはSUZUKIと欧文のロゴが入ったフロントグリルだね。シエラの場合ワイドフェンダーなので、こちらのロゴにすると収まりがいいんだよ。

本郷 確かにバランスがいい。ジムニー1300といっていたJA51のイメージもあって懐かしさも伝わってきます。サイドデカールもいろいろありますね。

伊藤 サイが隠れているサイドデカールがいいな。一見なんだかわからないけど、「だまし絵」みたくて楽しいじゃない。

本郷 インテリアもアクセサリーがいろいろありますよ。

伊藤 8色に切り替えができるフットイルミネーションがいいな! これから冬になると灯りが恋しくなるから、これはいいよ。

本郷 黄、橙、赤、紫、青、水色、黄緑、緑の8色です! テリーさんは何色派ですか?

伊藤 橙があったかそうだね。編集長は孤独が似合いそうだから青か水色でしょう?

本郷 ええ、毎回締め切りに追われているので“真っ青”です。

伊藤 今回もつまらない洒落言うね!

本郷 そんな。 上等な「シエラ(シャレ)」だったでしょう!?

伊藤 うーん! 真打ちにはなれないな(笑)