安全はボディーからはじまる。軽量衝撃吸収ボディー[テクト]

安全の基本はまずボディーから。軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]は、衝突時の衝撃をやわらかく吸収するクラッシャブル構造と、衝撃を効果的に分散させる骨格構造、そして高強度なキャビン構造の3つの構造によって乗員を保護します。しかも、構造部材の効果的な接合、補強材の最適化などによってボディーを最大限に軽量化。軽快なフットワークを実現しています。

運転席・助手席SRSエアバッグを標準装備。

*エアバッグ膨張時イメージ写真

Photo:4AT車

前方からの衝突時に、センサーが一定以上の衝撃を感知するとSRSエアバッグが瞬時に膨張、収縮。シートベルトの効果とあわせて、前席乗員の頭や胸への衝撃を緩和します。

  • ●SRSエアバッグシステムは、シートベルトを補助する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。
  • ●SRSエアバッグシステムは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。また、ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をよくお読みください。
    SRS=Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

写真は機能説明のために、SRSエアバッグが作動した状態を合成したものです。

充実のシートベルト安全機構。

フロントシートベルトは、前面衝突時に強い衝撃を感知すると、瞬時にシートベルトのゆるみを巻き取り、乗員の拘束効果を高めるプリテンショナー機構と、一定以上の荷重がかかったとき、胸部への衝撃を緩和するフォースリミッター機構を装備しています。

EBD付4輪ABS+ブレーキアシストを標準装備。

急ブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、ハンドル操作による障害物回避能力を高めます。さらに、ブレーキアシストがブレーキ踏力を補助。EBD(電子制御制動力配分システム)が、前・後輪の制動力を最適に配分し、ブレーキ性能を確保します。

●ABSはあくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。従って安定性の確保にも限界がありますので、ABS非装着車 と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要です。安全運転を心がけてください。
ABS=Anti-Lock Brake System EBD=Electronic Brake force Distribution

車両の安定走行に貢献する「横滑り防止装置&トラクションコントロール」

横滑り防止装置はさまざまなセンサーによって走りを監視し、必要に応じてコンピューターがエンジンとブレーキを制御することで、横滑り状態、あるいは、旋回時に不安定な状態に陥った場合、車両の安定走行に貢献します。トラクションコントロールは発進・加速時に駆動輪の空転を抑えて、安定性を確保します。

●エンジントルクの低減の度合いやブレーキをかける車輪とその強さは走行条件により変化します。横滑り防止装置はあくまでも安定走行を補助する装置です。タイヤと路面間のグリップの限界を超えてスリップや横滑りを起こした場合は横滑り防止装置が作動したとしても、その効果は期待できません。

横滑り防止装置の作動イメージ

フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ

デアイサー

ワイパーブレードとフロントガラスの凍結を熱線で溶かして視界を確保。(写真の部分)

写真はイメージです。