四輪車トップ > ラインアップ > スペーシア > 2017年度 予防安全性能評価 最高ランク獲得
2017年度 予防安全性能評価 最高ランク獲得 ASV++(ダブルプラス) <スズキ セーフティ サポート搭載車>

予防安全技術「スズキ セーフティ サポート※1」を搭載した
「スペーシア、スペーシアカスタム」が、2017年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、
最高ランクの「ASV++(ダブルプラス)」を獲得。
優れた予防安全技術を搭載した自動車として評価されました。

スペーシア スペーシアカスタム

※1 デュアルセンサーブレーキサポート・全方位モニター搭載車(メーカーオプション)。全方位モニターのご利用には、対応ナビゲーション(販売会社装着アクセサリー)の装着が必要となります。メーカーオプションはご注文時に申し受けます。ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。

SUZUKI Safety Support スズキの予防安全技術

※2 メーカーオプションです。メーカーオプションはご注文時に申し受けます。ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。

〈デュアルセンサーブレーキサポート・誤発進抑制機能・後退時ブレーキサポート・後方誤発進抑制機能について〉■検知性能・制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。■状況によっては正常に作動しない場合があります。■対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または被害を軽減できない場合があります。■ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行なっているときは、作動しない場合があります。■ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。■詳しくは販売会社にお問い合わせください。〈各機能の作動条件〉●デュアルセンサーブレーキサポート:自車速度約5km/h~約100km/h未満(対象が歩行者の場合は約5km/h~約60km/h)で走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合。作動したときの速度が約5km/h~約50km/h未満(歩行者の場合は約5km/h~約30km/h未満)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動ブレーキが作動する場合があります。●誤発進抑制機能:シフト位置がD・L(Sモード含む)の位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約4m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。●後退時ブレーキサポート:約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知し、システムが「このままでは衝突が避けられない」と判断した場合。●後方誤発進抑制機能:停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。

〈全方位モニターについて〉■全方位モニターはドライバーの駐車等を補助するものであり、あらゆる状況で自車の周辺環境を映し出すものではありません。またカメラの位置より上にある物体は映像で見ることができません。そのほかバンパーによる死角や、トップ映像にはカメラ映像間のズレによる死角があります。システムの能力には限りがありますので、ドライバーは天候や路面状況にあわせた運転、周辺の車両・歩行者の確認、的確な運転操作など安全運転に努めてください。

スズキ セーフティ サポートについて
詳しく見る
予防安全性能評価とは
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)による、衝突を避けられない場合に自動でブレーキをかける技術など先進安全技術を搭載した自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価です。
スペーシアトップページへ