四輪車トップ > ラインアップ > スペーシア > ASV+ 軽ハイトワゴン 最高得点獲得
予防安全性能評価 軽ハイトワゴン 最高得点獲得 デュアルカメラブレーキサポート装着者 ASV+ 先進安全車

衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」および「全方位モニター」を
搭載した 「スペーシア、スペーシアカスタム」が、
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が
主催するJNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、
軽ハイトワゴンの中で最高得点となる45.8点を獲得(46点満点)するとともに、
最高ランクの「先進安全車プラス(ASV+)」に選定されました。

スペーシア スペーシアカスタム

スペーシア

軽初!「デュアルカメラブレーキサポート」人にも、クルマにも作動する衝突被害軽減システム。

イメージ画像

  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 軽初!ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
デュアルカメラブレーキサポートについて
詳しく見る
「全方位モニター」上から見るから、前後も左右もつかみやすい。見えない場所を映し出す大画面モニター。

イメージ画像

全方位モニターについて
詳しく見る

!

●デュアルカメラブレーキサポートは運転者による安全運転をサポートし、衝突を回避したり衝突時の被害を軽減したりすることを目的としていますが、その検知・制御性能には限界があります。これらに頼った運転はせず、常に安全運転に努めてください。●デュアルカメラブレーキサポートは運転状況、対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または被害を軽減できない場合や作動しない場合があります。●全方位モニターはドライバーの駐車等を補助するものであり、あらゆる状況で自車の周辺環境を映し出すものではありません。システムの能力には限りがありますので、安全運転に努めてください。●詳しくは販売会社にお問い合わせください。

予防安全性能評価とは
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)による、衝突を避けられない場合に自動でブレーキをかける技術など先進安全技術を搭載した自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価です。

※3 2015年5月現在、スズキ調べ。 ※4 デュアルカメラブレーキサポート・誤発進抑制機能・車線逸脱警報機能・ふらつき警報機能・先行車発進お知らせ機能は、エマージェンシーストップシグナル、ESP®、トップシェード付フロントガラス(スペーシアカスタムは標準装備)とセットでメーカーオプション。メーカーオプションはご注文時に申し受けます。ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 ※5メーカーオプションはご注文時に申し受けます。ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。*ESPはDaimler AGの登録商標です。

スペーシアトップページへ