走りの楽しさと、環境へのやさしさを両立するチカラとなる先進のテクノロジー。

*イメージ図

胸が高鳴るドライビングフィールを味わえる、個性の異なる2つのエンジン。

熱効率を追求して優れた燃費性能と力強い走りを高次元で両立させた1.2Lエンジン。〈HYBRID RS、RS、HYBRID ML、XL、XG〉

*イメージ図


HYBRID RS、HYBRID ML

燃料消費率(国土交通省審査値)
27.4km/L※1(2WD・CVT)
最高出力(ネット) 67kW<91PS>/6,000rpm
最大トルク(ネット) 118N・m<12.0kg・m>/4,400rpm

※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

※2 記載の自動車重量税減税率は平成29年5月以降新車登録の減税率です。平成29年4月30日までの新車登録の場合は自動車重量税の減税率が異なります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

*< >内は、旧単位での参考値です。

車種別の環境情報についてはこちら
車種別環境情報

4気筒エンジンに熱効率を向上させるデュアルインジェクションシステムを採用。

微粒化イメージ

クールドEGRシステムイメージ

1気筒あたり2つのインジェクターで燃料を微粒化して噴射。燃焼を安定させることで熱効率を高めて、エンジン本来のポテンシャルを引き出します。また機械的な摩擦を低減し、燃焼室などの形状最適化でさらに熱効率を追求しました。インジェクターを燃焼室の近くに配置し、燃料を効率よく充填することで燃焼室温度を下げてノッキングを抑制。さらに排出ガスの一部を冷却して燃焼室内に戻し、燃焼温度を下げる水冷式のクールドEGRシステムを採用。これらのノッキング抑制技術が熱効率の向上に貢献します。躍動感のある走りに必要なパワーと低燃費を両立しました。

*EGR=Exhaust Gas Recirculation(排気ガス再循環方式)

新設計の5MTと副変速機構付CVTを設定。

5MT(RS、XL、XG)

Photo:RS

CVT(HYBRID RS、HYBRID ML、XL、XG)

Photo:HYBRID RS

ギヤの抵抗を減らすことで燃費性能を向上させ、軽快でしっかりと決まるシフトフィーリングを実現した新設計の5MT。低振動で静粛性も高めています。副変速機構付CVTは低中速走行時の力強い加速と高速走行時の伸びやかな加速を実現しながら燃費性能も向上させました。

*CVT=Continuously Variable Transmission

1.5L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現した1.0L直噴ターボエンジン。〈RSt〉

*イメージ図


RSt

燃料消費率(国土交通省審査値)
20.0km/L※1(2WD・6AT)
最高出力(ネット) 75kW<102PS>/5,500rpm
最大トルク(ネット) 150N・m<15.3kg・m>/1,700-4,500rpm

※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

*< >内は、旧単位での参考値です。

車種別の環境情報についてはこちら
車種別環境情報

直噴化技術を採用した3気筒エンジンに、新設計のターボチャージャーを搭載。

シリンダー内直接噴射イメージ

ターボチャージャーイメージ

燃料をシリンダー内に直接噴射することで、消費燃料を抑えながら混合気を冷却して異常燃焼(ノッキング)も抑制。燃料噴射の制御を緻密に安定して行なうために、6つの噴射口を持つマルチホールインジェクターを横一列にレイアウト。高圧燃料ポンプにより燃料を高微粒化して無駄のない燃焼を促します。このように燃費を向上させた軽量・小型エンジンに、排気ガスを利用して圧縮した空気をシリンダー内に強制的に送り込むターボチャージャーを搭載。低回転域から高いトルクを引き出し、街乗りからスポーツドライブまでさまざまなアクセルワークに応えます。

マニュアルモードを搭載した6AT。

6AT(RSt)

パドルシフト

Photo:RSt

変速比幅の広い6ATを採用。力強い加速に加えて高速巡行時の燃費性能も向上しました。パドルシフトを操作すれば、指先でも素早いシフトアップ/ダウンが可能に。スポーティーな走りを愉しむことができます。


減速エネルギーを利用して発電し、加速時はモーターで力強くエンジンをアシストするマイルドハイブリッド。(HYBRID RS、HYBRID ML)

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電。加速時には、その電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現するハイブリッドシステムです。

  • ※2 電装品の使用状況またはバッテリーの状態により、発電する場合があります。
  • ※3 モーターアシストの作動には、バッテリーの状態など一定の条件があります。

ISG(モーター機能付発電機)

減速エネルギーを利用して効率よく発電。モーター機能を併せ持ち、発進後静かにエンジンを再始動させ、加速時にはモーターでエンジンをアシストします。

*ISG=Integrated Starter Generator

専用リチウムイオンバッテリー

モーターアシストに必要な大電流に対応。頻繁なアシストを可能にします。

エネルギーをより効率的にマネージメントし、優れた燃費性能を実現。

  • ●アイドリングストップランプが点灯していても、条件によってはアイドリングストップシステムが作動しない場合があります。
  • ●「アイドリングストップOFFスイッチ」を押せば、システムの作動を停止することができます。また、アイドリングストップ中のスイッチ操作で任意にエンジンを再始動することもできます。
  • ●アイドリングストップ中でもオーディオなどの電装品は使用可能。エアコン使用中の場合は送風に切り替わります。さらに、車内の温度変化に応じて自動的にエンジンを再始動し、エアコンを作動させることで車内の快適性を保ちます。
  • ●アイドリングストップシステムの作動には、一定の条件を満たすことが必要です。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

走りの基本性能を高める軽さと強さ。そして、軽快な乗り味を生みだす足まわり。

*写真は説明のための合成写真です。

Photo:HYBRID ML セーフティパッケージ・全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車 ボディーカラーはスピーディーブルーメタリック(ZWG)


クルマの基本性能を高める軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。

構造や部品の配置を全面刷新することで、アンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状としました。またサスペンション部品も骨格の一部として利用。さらに、骨格同士が結合する強い部分を部品の固定に利用することで補強部品を削減しました。これらにより、ボディー剛性を向上させながら軽量化を実現。部品の配置を最適化したことにより、広い室内空間や荷室スペースも確保しています。

*画像はハーテクトのイメージです。

スポーティーな走りを足元から支えるタイヤ&ホイール。

16インチアルミホイール(切削加工&ブラック塗装)(HYBRID RS、RSt、RS)

16インチアルミホイール(HYBRID ML、XL)

15インチフルホイールキャップ(XG)

軽やかで機敏な走りを実現するために、16インチの幅広・低偏平タイヤとアルミホイールを採用(XGを除く)。RSには、切削加工によってシルバーとブラックのコントラストが美しく映えるデザインの16インチアルミホイールを採用しました。

欧州を走り込んで鍛え上げた新設計のサスペンション。

新しいプラットフォームに合わせてレイアウトを最適化。作動効率を向上させながら剛性アップと軽量化を実現して燃費性能も向上させています。欧州のハイウェイやワインディングを徹底的に走り込み、路面の追従性や走行安定性、コーナリング性能を高めるとともに、しなやかで軽快な乗り心地を実現しました。

さらに走りにこだわったRS専用の足まわり。(HYBRID RS、RSt、RS)

走りをもっと愉しむため、高速道路や長距離を日常的に走り速度レンジも高い欧州の道路環境でも快適に走れるチューニングを施したRS。フラットでしっかりとした乗り味と直進安定性を発揮するセッティングです。

欧州チューニング ショックアブソーバー

減衰力を硬めに設定したショックアブソーバーが上下動を抑えてクルマのボディーコントロール性を高めます。

欧州チューニング タイヤ

タイヤの剛性を高めることで、操舵時の応答性とリニアなグリップ感を向上させました。

欧州チューニング 電動パワーステアリングコントローラー

直進安定性や操舵感を重視し、ハンドル操作をより手応えのあるチューニングに設定しました。

優れた燃費性能と走行性能に貢献する軽量かつ高剛性なボディー。

超高張力鋼板や高張力鋼板をアッパーボディーなどの広い範囲に採用することで、軽量化と高剛性を両立。軽快で燃費のいい走りを支えています。

狭い道でも取り回しがしやすい最小回転半径4.8m。

ロングホイールベースでありながらもフロントタイヤの切れ角を大きくすることで、最小回転半径4.8mを実現。狭い路地や駐車場などでも取り回しがしやすく快適です。