• Top
  • Concept
  • Gallery
  • Voice
  • TVCM
  • Customize
  • Style
  • カタログサイト
  • Twitter
  • Facebook

大人女子も大満足! イグニスで行く信州日帰り極上ドライブ

2016年2月に発売されたイグニスを街で目にすることが多くなりました。
購入したいと考える人が多いと思いますが、気になるのがロングドライブ性能。イグニスの試乗記は数多く掲載されているのですが、ロングドライブについての記事ってあまり見かけませんよね?
そこで今回、クリッカーでもお馴染みの吉田由美さんにイグニスで軽井沢までドライブしてもらいロングドライブ性能、また女性視点でイグニスはどういうクルマなのかを試してもらいました。

私の周りで「イグニスってどう?」と聞かれることが多いんですよ。イグニスって、やんちゃでたくましい雰囲気を持っている反面、女子ウケするかわいさもあわせ持つからでしょうか。イグニスが気になるのは年齢や性別を問わないようです。

多くの人にイグニスが受け入れられるのは、セルボ、フロンテクーペ、エスクードといった歴代スズキ車のデザインのエッセンスが取り入れられているからなのかもしれません。新しいけど、どこか懐かしいと感じるデザインですよね。
そんなイグニスをもっとよく知りたくて、軽井沢まで日帰りロングドライブに行くことにしました。
都内から軽井沢までクルマで片道約170km。コンパクトカーではちょっと遠いかなとも思えるロングドライブになりますが、イグニスの実力を確認してみましょう。

Page top

ロングドライブに嬉しいApple CarPlay

※全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車

都内を出発し軽井沢までは約2時間弱のドライブとなりました。その道中活躍したのがApple CarPlay。
日ごろ車内ではラジオを聴くことが多いのですが、電波の善し悪し関係無くiPhoneに取り込んだ曲をモニターのタッチやSiriを使って音声で簡単に操作し楽しむことができるCarPlayは便利ですね。
またiPhoneに届いたメッセージを読み上げてくれたり、返信文の作成やその送信指示も音声でコントロールできるから、運転中にもタイムリーな連絡ができるなど、特に嬉しい機能です。

軽井沢に到着し、まず向かったのは旧軽井沢銀座です。軽井沢らしいオシャレなお店や飲食店が建ち並ぶこのエリアは、大人女子としておさえておきたいスポットですよね。
いかにも軽井沢ってイメージの旧軽井沢銀座ですが、平日なのに観光客が多め。けして広くない道路で観光客を避けつつ運転するのに、コンパクトな車体サイズと高めのピップポイントによって視界がいいイグニスが一役買っているなと感じました。

旧軽井沢銀座周辺の駐車場にイグニスを停めてランチへと向かったのは、このエリアでとくに人気が高いベーカリーショップ『ブランジェ浅野屋』です。1933年創業というこのお店のパンを食べてみて、と軽井沢通の友人に教えてもらい入店したのですが選んだのは店員さんお勧めのビーフシチュー。味わい深いビーフシチューを堪能しました♪

ランチを終えたあと、もう少しこのエリアを散策したかったのですが、せっかくイグニスで軽井沢に来ているのでクルマでしか行けないところに向かうことにしましょう。

Page top

ワインディングロードでわかる高い走行性能

旧軽井沢銀座に続きイグニスで向かった先は、軽井沢のパワースポットとして人気の熊野皇大神社です。
ここは碓氷峠にあり群馬と長野の県境にまたがっているというめずらしい神社です。境内にある神木はパワースポットとして人気なのだとか。御利益があればいいなあ。
神社でパワーをもらったあとは、湾曲した岩壁から滝水が白糸のように落ちる様子から名づけられた白糸の滝へ向かいます。

どちらも道幅が狭いワインディングロードを駆け抜ける必要がありましたが、コンパクトな車体のイグニスだから、臆することなくテンポよく走れました。

また、イグニスが搭載する1.2リットルのデュアルジェットエンジンはパワーも十分。登り坂を意識せず走ることができたのは、マイルドハイブリッドを搭載していてモーターのアシストがきいているからなのかもしれませんね。また、このあたりの路上には小枝や石が散在していましたが、大径タイヤと高めのロードクリアランスを誇るイグニスなら余裕でクリアできました。
イグニスの走りを気にしている方には「しっかりした走りと路面変化に対応する柔軟性があって満足することは間違いない!」と伝えることができます。

Page top

急な割り込みでも安心の安全装備

マイナスイオンが飛び交う白糸の滝を後にし、最後に向かったのは軽井沢からクルマで約1時間の長野県小諸市にある温泉旅館『中棚荘』です。
作家・島崎藤村が親しんだというこの温泉旅館をセレクトした理由は、美肌効果があると定評の温泉に日帰り入浴できるとともに、個室で食事ができるプランが用意されているためでした。

しかし白糸の滝から中棚荘へ向かう道中、夕刻のラッシュが原因なのか渋滞にハマってしまいました。また、脇道からの強引な割り込みにヒヤっとしたことも。
そんなとき活躍したのがデュアルカメラブレーキサポートなどの先進安全装備です。
イグニスにはフロントウインドウ内に2つのカメラが搭載されており、そのカメラで人や車を認識して衝突を回避または被害を軽減するのです。

※セーフティパッケージ装着車

また長時間運転すると多少ラフな運転になってしまいがちですが、そんなとき活躍したのが走行車線を外しそうになると警報を発する車線逸脱警報機能。2つのカメラが周囲の状況をしっかりと見ているんだなあと感心しました。
“目が良い”イグニスの安全装備は期待できますね。この他、先行車が発進してもそのまま停車し続けたときブザー音とメーター内の表示でドライバーへ先行車の発進を知らせる機能も、うっかりをサポートする便利な装備だと感じました。
渋滞を切り抜け細い坂道を下り中棚荘に到着しました。

※全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車

到着時すでに空は薄暮でしたが、イグニスの全方位モニターは十分機能していました。クルマに乗っていながら自車を真上から見るような映像をモニター上で確認できるのは、死角も減るしありがたいですよね。バック駐車が苦手な人は特に、またそうでない人でも安心できる便利な装備だと思います。

Page top

ロングドライブでわかったイグニスの実力とは

じつは私、湯あたりしがちなんです。ただ、源泉40度とぬるめで美人の湯として名高い中棚荘の温泉は相性がよかったようでゆっくり入浴できました。
風呂上がりは、いつも以上にお肌がつるつるに♪

入浴後は、宿ご自慢の会席料理をいただきます。少しずついろいろな料理が出てくるのが楽しいので会席料理は大好きなのです♪
美味しい料理をいただいた後は、名残惜しかったのですが都内への帰路に着きました。今回の軽井沢ドライブは大満足です。

① 外観がコンパクトに見えるのに、乗り込むと室内が広い

ひとつ目は外観がコンパクトに見えるのに、乗り込むと室内が広いことです。
インテリアデザインがオシャレなのも好印象ですね。全体的にはシンプルなのに、センターコンソールなどにオレンジがカラーリングされているのが印象的で、女性なら自分の服装をオレンジに合うようにコーディネートしたくなるのではないでしょうか。明るい色の服を選んでもいいし、ボディカラーが個性的で鮮やかなので、あえてシックな色を選んでも華やかになりそうですね。

※全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車

② 要所に見られるスズキのこだわり

そしてロングドライブ性能。マイルドハイブリッドを搭載していることで燃費が良いのはもちろん、低速域での力強い加速と高速域でのゆとりある走りが印象に残りました。
また高速走行中、空力性能や整流化されたボディ形状が効いているのか風切り音が少なかったのが好印象。空力性能が優れているということは燃費向上にも貢献しているので、運転していてスズキのこだわりを感じました。

③ ロングドライブでも快適な時間を過ごすことができる

あと忘れてはならないのが、新設計されたサスペンションや乗り心地の向上を実現したシートにより、長距離ドライブでも快適な時間を過ごすことができたこと。シートが身体を適度にサポートしているから、長く座っていても苦にならなかったのはドライバーや乗員にとって嬉しいポイントですね。サスペンションやシートがしっかりと作り込まれていることがよくわかりました。荒れた路面や高速道路など、あらゆるシーンを走行した今回のロングドライブでは、イグニスの高い操縦安定性も確認することができました。

これまでにないコンパクトクロスオーバーというジャンルとして発表されたイグニスですが、大人女子にこそ乗って欲しい新世代のコンパクトカーとして高い実力を備えていると感じました。
とくにクルマが実際のサイズ以上にコンパクトに感じるイグニスは、女性にとって運転しやすいことは間違いありませんし、運転が楽しいからこそロングドライブに出かけたくなるクルマなんだと思います。

企画:テヅカ・ツヨシ 撮影:本田 雄士

記事一覧へ

Page top

  • Concept
  • Gallery
  • Voice
  • TVCM
  • Customize
  • Style
  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • 見積りシミュレーション
  • カタログ請求
  • IGNISカタログサイト