電動車いすトップ > ご利用にあたって > セニアカー安全運転の手引き > 歩行者としての交通ルールやマナーを守りましょう

セニアカー安全運転の手引き

歩行者としての交通ルールやマナーを守りましょう

道路の走行のしかた

セニアカーは、道路交通法では「身体障害者用の車いす」で、歩行者として扱われます。歩行者としての交通ルールやマナーを守りましょう。

1.歩道のある道路では

歩道のある道路では必ず歩道を走行しましょう。

2.歩道のない道路では

歩道のない道路では、充分幅のある路側帯を右側走行しましょう。

3.歩道も路側帯もない道路では

歩道も充分な幅の路側帯もない道路では、道路の右側端を走行しましょう。対向する自動車には特に注意しましょう。

4.道路の中央は通ってはいけません

道路の中央は絶対に走行してはいけません。

歩行者用標識や信号を守りましょう

歩行者専用道路の標識

道路の横断のしかた

1.横断歩道や信号機のある交差点

横断歩道や信号機のある交差点が近くにある場合は、その横断歩道や交差点を横断しましょう。

2.歩行者用信号機があるところ

押しボタン式の歩行者用信号機のあるところでは、ボタンを押し「青」になってから渡りましょう。

3.信号機がない場合

信号機のない場所では横断歩道を探して横断しましょう。

4.横断歩道がない場合

横断歩道のない場合は見通しの良い場所を探して横断しましょう。

5.斜めに横断してはいけません

道路を斜めに横断してはいけません。道路に対して直角にまっすぐ横断するようにしましょう。

6.左右をよく見て

横断する場合は、左右を良く見て、自動車や自転車が近づいてこないか、または停止したかを確認してから渡りましょう。

周囲に充分注意しましょう

1.大型車の走行がある場合

大型車からは死角に入りやすく、見えない場合がありますので充分に注意しましょう。

2.交差点を渡る場合

交差点付近では、右折・左折の自動車に充分注意しましょう。

3.踏切を渡る場合

介助者に同行してもらい、踏切の手前で一時停止し安全確認の後、線路の溝にはまらないよう、線路に対して直角にゆっくりと横断しましょう。踏切内では停止しないように走行しましょう。

4.自動ドアを通過する場合

自動ドアを通過するときは、周りの人やドアの動きに注意して、ゆっくりと走行しましょう。商業施設等での利用は施設管理者の指示に従ってください。

5.お店の中では

お店の中では、低速(1~2km/h)にして、周りの人に充分注意して走行しましょう。商業施設等での利用は施設管理者の指示に従ってください。

6.歩道を走行する場合

歩道では周りの歩行者と衝突しないよう、最大の注意をしながらゆっくりと走行しましょう。

取扱い説明はET4D・4E・タウンカートの説明になっております。機種によって異なりますので、機種ごとの取扱いは説明書をご覧ください。