スズキの安全技術、それは、
乗る人の毎日を想い、小さなクルマで大きな安心を届ける技術。

前方・後方の視界をしっかり確保するための大きな窓や
視認性の高いディスプレイ、操作しやすいスイッチ類など、
誰もが安心して乗れる運転のしやすさを考えた基本安全。
ヒヤリとする一瞬までも最小限に抑え、
事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」。
衝撃吸収ボディーをはじめ、万一の衝突被害を軽減する衝突安全。

培い続けてきた安全技術の数々が、いつも、毎日の安心につながっていること。

小さなクルマに、大きな安心をのせて。
スズキは、人とクルマの楽しい毎日を支え、事故のない未来に向けて走り続けます。

基本安全 運転しやすく安心して乗れる技術

視界性能

右左折時の横断歩行者や交通状況を把握しやすいピラーやドアミラー位置、ピラー断面とピラートリム形状の最適化などにより、視認性を向上させています。

運転姿勢と操作系

さまざまな体格の方が快適に運転できるよう配慮したシートと、操作性を考慮したステアリングホイール、ペダル、シフトレバーは、楽な運転姿勢と適切な操作性の確保により疲労を低減します。

インターフェース

視認性の高いメーターやディスプレイと、視認性や手の届きやすさ(押す、つまむ、握る)・操作方向・操作頻度などを考慮したスイッチ類の配置は、安心して運転に集中できる環境を提供します。

  • *ナビゲーションは販売会社装着アクセサリー(別売)です。また、ナビゲーション付属品は、撮影のため取り外しています。
  • *メーターパネルは機能説明のために、各メーターを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • *画面はハメコミ合成です。

予防安全 危険が迫った時に回避するための技術/危険な場面にあわないための技術

SUZUKI Safety Support

安心して、楽しくスズキのクルマに乗っていただきたいという想いから生まれた「スズキ セーフティ サポート」。事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。

ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートⅡ」を標準装備

走行時、ミリ波レーダーにより前方の車両を検知し、衝突のおそれがあると判断すると音や表示によって警告します。衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動。その間、ブレーキペダルを踏むとブレーキ踏力をアシスト。さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

  • *自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることを確認してください。
  • *自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

ロングドライブにゆとりをもたらすアダプティブクルーズコントロール(ACC)

ステアリングのACCスイッチを操作すると先行車との距離をミリ波レーダーで測定し、車間距離を保ちながら自動的に加速・減速します。車間距離は3段階(短・中・長)で設定が可能。先行車がいない場合は、あらかじめ設定した速度をキープします。

ACCスイッチ

ACC表示

  • *イラストは高速道路での走行例です。
  • *道路状況および天候状況等によっては、ご使用になれない場合があります。また、ACCの制御には限界があります。装置を過信せず、常に安全運転に努めてください。

衝突安全 万が一の衝突被害を軽減する技術

軽量衝撃吸収ボディー TECT[テクト]

衝突時の衝撃を効率よく吸収・分散する軽量衝撃吸収ボディー。高張力鋼板を多用するとともに、コンピューターによる構造解析を駆使して、安全性の向上と軽量化を両立しています。

歩行者傷害軽減ボディー

頭部、脚部ともに高い歩行者保護性能を確保しています。

1 衝撃吸収脚部保護構造
2 衝撃吸収フードパネル
3 衝撃吸収フードヒンジ構造
4 衝撃吸収カウルトップ構造
5 衝撃吸収ワイパー構造

フロント・リヤELR3点式シートベルト

フロントシートベルトには、プリテンショナー&可変フォースリミッター機構を採用。万一の衝突時にシートベルトの拘束性を高めるとともに、乗る人の胸部への衝撃を効果的に緩和します。

頭部衝撃軽減構造インテリア

万一の際、乗員頭部への衝撃を軽減するため、ピラーやルーフサイド内側に衝撃軽減構造を採用しています。

頚部衝撃緩和フロントシート

後方から低速で追突された際に、シートバックとヘッドレストがカラダ全体を包み込むように受け止め、頚部への衝撃を緩和するフロントシートを採用しています。

運転席・助手席SRSエアバッグ

前方向からの衝突時にセンサーが一定以上の衝撃を感知すると、エアバッグが瞬時に膨張・収縮。シートベルトの効果とあわせて、前席乗員の頭部や胸部への衝撃を緩和します。

  • ●SRSエアバッグシステムは、シートベルトを補助する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。
  • ●SRSエアバッグシステムは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。また、ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をよくお読みください。
    SRS=Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

ESP(R)[車両走行安定補助システム]

ESP(R)はコーナーなどでの横滑りを抑えるスタビリティコントロール、発進・加速時に駆動輪の空転を抑えるトラクションコントロール、急ブレーキ時にタイヤのロックを抑えるABSを総合的に制御する車両走行安定補助システムです。さまざまなセンサーによって走りを監視し、必要に応じてコンピューターがエンジンとブレーキを制御することで車両の安定走行に貢献します。

ESP(R)作動イメージ

  • ●ESPはDaimler AGの登録商標です。
  • ●エンジントルク低減の度合いやブレーキをかける車輪とその強さは走行状況により変化します。ESP(R)はあくまでも安定走行を補助する装置です。タイヤと路面間のグリップの限界を超えてスリップや横滑りを起こした場合はESP(R)が作動したとしても、その効果は期待できません。
  • ●「ESP(R)OFFスイッチ」を長押しすればESP(R)の作動を停止することができます。

エマージェンシーストップシグナル

走行中に急ブレーキをかけた場合、自動的にハザードランプを高速点滅させて後続車に急ブレーキを知らせ、注意を促します。

  • *急ブレーキを検知した際の車速が約55km/h以上の場合。

4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]

滑りやすい路面での急ブレーキ時には、4輪ABSが作動。タイヤのロックを防ぎ、車体を安定させて、ハンドル操作で障害物を回避できるようにサポートします。さらに、ブレーキ踏力を補助するブレーキアシストや最適な制動力を前後に自動配分するEBD(電子制御制動力配分システム)を装備しています。

●ABSはあくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。従って安定性の確保にも限界がありますので、ABS非装着車と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要です。安全運転を心がけてください。
ABS=Anti-Lock Brake System EBD=Electronic Brake force Distribution

ヒルホールドコントロール

坂道発進時にブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える瞬間、一時的にブレーキが作動(最長約2秒間)。クルマの後退を抑えるので、落ち着いて発進することができます。