大切な人の笑顔を守るための安全性もしっかり配慮。

乗る人だけでなく、歩行者のことまで考えて安全性を追求した、スズキ独自の軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]を採用。そこには「安全」に対する厳しいほどのこだわりがあります。

進化を重ねた軽量衝撃吸収ボディー。

変形することで衝突時の衝撃を吸収するクラッシャブル構造、衝撃を分散させる骨格構造、高強度なキャビン構造という3つの構造で、乗る人への衝撃を緩和する軽量衝撃吸収ボディー[テクト]を採用。衝突安全性能総合評価※1において、助手席が最高評価の6スター(★★★★★★)を獲得しました。

※1 平成17年度自動車アセスメント

「歩行者傷害軽減ボディー」を採用。

ボンネットフードやフェンダーなど車体前部に衝撃吸収構造を採用。万一の接触時に、歩行者の頭部への衝撃を緩和します。

「頭部衝撃軽減構造インテリア」を採用。

A、Bピラーとルーフサイドの内装に衝撃吸収構造を採用し、万一の接触時に乗員の頭部への衝撃を緩和。また、ブレーキペダル後退抑制機構を採用。前面衝突時にブレーキペダルがドライバー方向へ押し出されることを抑え、脚部への衝撃を緩和します。

SRSエアバッグを運転席・助手席ともに標準装備。

エアバック膨張時(合成写真)

センサーが前方からの衝撃を感知すると、SRSエアバッグが瞬時に膨張・収縮。フロントシートベルトの効果とともに、前席乗員の頭や胸への衝撃を緩和します。

  • ●SRSエアバッグシステムは、シートベルトを補助する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。
  • ●SRSエアバッグシステムは、衝撃の条件によっては作動しない場合があります。また、ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をよくお読みください。
    SRS=Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

前席シートベルトにプリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルトを採用。

衝突した瞬間にシートベルトを引き込むプリテンショナー機構を腰側にも採用※2(クラス唯一※3)。肩側のプリテンショナー機構はより素早く、より力強く引き込むハイパワータイプを採用し、ともに初期拘束性能を高めます。また、シートベルトによる胸への衝撃を緩和するために、ベルト荷重を2段階でコントロールする可変フォースリミッター機構も採用。さらに、乗る人の体格に合わせて肩側の取り付け位置の高さを調節できるショルダーアジャスター(クラス唯一※3)でフィット感も高めています。

  • ※2 助手席は肩側のみ。
  • ※3 軽キャブワゴンクラス。2014年3月現在、スズキ調べ。

より安全に「止まる」ことを考えた、EBD付4輪ABS。

EBD効果イメージ図(同じブレーキ踏力の場合)

4輪ABSは、急ブレーキ時や雨などで滑りやすい路面でのブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、ステアリング操作による障害物回避をサポートします。EBD(電子制御制動力配分システム)は、乗車人員や荷物の重量に合わせて前・後輪の制動力を最適に配分するシステムで、非装着車に比べて停止するまでの距離を短くする効果があります。

●ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。従って安定性の確保にも限界がありますので、ABS非装着車と同様にコーナー等の手前では十分な減速が必要です。安全運転を心がけてください。
ABS=Anti-Lock Brake System EBD=Electronic Brake force Distribution