優れた燃費とパワーを、K10C型ブースタージェット エンジンで。

優れた燃費性能とハイパワーを両立するK10C型ブースター ジェット エンジンを搭載しました。1.0L直噴ターボで、1.5L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現。街乗りからスポーツドライブまで、様々なアクセルワークに対応します。

*イメージ図

2WD車

燃料消費率(国土交通省審査値)
22.0km/L

4WD車

燃料消費率(国土交通省審査値)
20.6km/L

※燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

車種別の環境情報についてはこちら
車種別環境情報

よりパワフルな走行を実現する6AT。

力強い走りを実現する6ATを採用。発進時の力強い加速や登坂性能、そして高速走行時の燃費性能を両立させました。またATの特性を活かし、アクセル操作への素早いシフトレスポンスを味わうことができます。さらにステアリングホイールのマニュアルモード付パドルシフトを操作すれば、指先での素早いシフトアップ/ダウンが可能。思いのままにスポーティーな走りが楽しめます。

ドライバーの負担を軽減するクルーズコントロールシステム。(HYBRID MZ)

高速走行や長距離ドライブをアシストするクルーズコントロールシステムを搭載。走行中にアクセルペダルから足を離しても一定のスピードが維持できるので、ドライバーの疲労軽減にも貢献します。

減速エネルギーを利用して発電し、加速時はモーターで力強くエンジンをアシストするマイルドハイブリッド。

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電。減速時など約9km/h以下になるとアイドリングストップが働いてエンジンが停止。そして加速時には充電した電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現します。

※モーターアシストの作動には、バッテリーの状態など一定の条件があります。

*ISG=Integrated Starter Generator

  • *ナビゲーションは販売会社装着アクセサリー(別売)です。
  • *写真はマイルドハイブリッドのイメージです。

クルマの基本性能を高める軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。

主要構造や部品配置を全面刷新することで屈曲した骨格を滑らかにつなぎ、サスペンション部品も骨格部品の一部として利用することで理想的な骨格構造を実現。さらに、骨格同士が結合する強い部分を部品の固定に利用し補強部品の削減を行なうことで、基本性能の向上と軽量化を両立させました。これにより低燃費とドライビング性能の向上に貢献しています。

*画像はハーテクトのイメージです。

TECT軽量化と高い安全性を両立させた新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」。

優れた操縦安定性を発揮するサスペンションで快適なロングドライブが可能。

*イメージ図(2WD車)

路面状況に応じた走りを実現する4WDシステム。

舗装された路面はもちろん、滑りやすい雪道や荒れた路面などでも、いざというときに安心して走ることができる4WDシステムを採用しました。路面状況にあわせてさまざまなシチュエーションで走行できるから、行動範囲がより一層広がります。

*雪道ではタイヤチェーン・スタッドレスタイヤなどの滑り止めを装着し、安全運転を心がけてください。

4WD車には、スイッチ操作で切り替えられる安心の機能を装備。

■スポーツ

力強いトルクを発揮。エンジン回転数を高めにキープすることで、パワフルでスポーティーな走りを実現します。

■スノー

必要以上のエンジントルクを抑制し、タイヤの空転を抑えることで、雪道やアイスバーンでのスムーズな発進・加速をサポートします。

■グリップコントロール

タイヤの空転が発生した車輪のブレーキ制御を早めかつ強くすることで、ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートします。

■ヒルディセントコントロール

ブレーキ操作をしなくても自動的に車速を約7km/hにコントロールすることで、急な下り坂で車速を制御します。

最小回転半径
Uターンもラクラク。

Photo:HYBRID MZ 4WD 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ボディーカラーはミネラルグレーメタリック 3トーンコーディネート(C7S)

取り回しやすい4.7mの最小回転半径を実現しました。狭い道での運転が容易です。