四輪車 リコール・改善対策

2017年11月24日

リコール届出番号 4141

ワゴンR、アルト、MRワゴン、セルボのリコールについて

スズキ株式会社は、ワゴンR、アルト、MRワゴン、セルボについて、下記のリコールを国土交通省に届け出いたしました。
ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
対象となるお客様には、お知らせのダイレクトメール、またはスズキ販売店等からご案内させていただきますので、お早めに最寄りのスズキ販売店へご連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

リコール詳細

リコール開始日 平成29年11月24日
不具合の内容 フロントサスペンションフレームの製造が不適切なため、塩水等の腐食促進物質によってサスペンションフレームのロアアーム取付ブラケットが腐食することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行し、ロアアーム取付ブラケットが破損して、最悪の場合、ロアアームが脱落して走行不能となるおそれがあります。
改善の内容 全車両、サスペンションフレームの点検を行い、腐食が認められる場合は、サスペンションフレームを良品と交換します。腐食が認められない場合は、サスペンションフレームのロアアーム取付ブラケット部に防錆剤を塗布します。

対象車両

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備考
スズキ CBA-MH21S 「ワゴンR」 MH21S-778510~MH21S-781693
平成19年2月1日~平成19年5月7日
3,006  
MH21S-851029~MH21S-851262
平成19年2月1日~平成19年4月27日
229  
CBA-MH22S MH22S-500011~MH22S-524809
平成19年2月1日~平成19年7月4日
14,262  
MH22S-600008~MH22S-604313
平成19年4月27日~平成19年7月5日
4,176  
MH22S-800020~MH22S-811794
平成19年2月1日~平成19年7月4日
4,965  
MH22S-900004~MH22S-900340
平成19年5月7日~平成19年7月5日
329  
DBA-MH21S MH21S-965014~MH21S-996777
平成19年2月1日~平成19年5月8日
23,573  
DBA-MH22S MH22S-100034~MH22S-127133
平成19年2月1日~平成19年7月4日
20,421  
MH22S-250012~MH22S-273764
平成19年5月7日~平成19年7月16日
22,872  
GBD-HA24V 「アルト」 HA24V-152451~HA24V-159021
平成19年2月1日~平成19年7月11日
5,850  
CBA-HA24S HA24S-240731~HA24S-242698
平成19年2月1日~平成19年7月6日
1,858  
DBA-HA24S HA24S-536289~HA24S-552172
平成19年2月1日~平成19年7月11日
14,708  
CBA-MF22S 「MRワゴン」 MF22S-607882~MF22S-621509
平成19年2月1日~平成19年7月4日
3,932  
DBA-MF22S MF22S-159346~MF22S-189512
平成19年2月1日~平成19年7月4日
21,977  
CBA-HG21S 「セルボ」 HG21S-501366~HG21S-502595
平成19年2月1日~平成19年7月4日
1,168  
HG21S-612033~HG21S-618088
平成19年2月1日~平成19年7月5日
5,801  
DBA-HG21S HG21S-109417~HG21S-117369
平成19年2月1日~平成19年7月4日
7,587  
合計 156,714  

交換修理用部品として出荷し、組付けられた車両が特定できないもの

対象の製品名 部品番号 対象部品の出荷期間 対象数 備考
サスペンションフレーム(2WD車用) 45810-72J00 平成19年2月1日~平成19年7月31日 826  
サスペンションフレーム(4WD車用) 45810-72JA0 平成19年2月1日~平成19年7月31日 282  
合計 計1,108個  
  • ※ 交換修理用部品が組み付けられた車両は、同様の改善を実施します。
  • ※ OEM出荷分も含みます。

改善箇所説明図

フロントサスペンションフレームの製造が不適切なため、塩水等の腐食促進物質によってサスペンションフレームのロアアーム取付ブラケットが腐食することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行し、ロアアーム取付ブラケットが破損して、最悪の場合、ロアアームが脱落して走行不能となるおそれがあります。

改善の内容

全車両、サスペンションフレームの点検を行い、腐食が認められる場合は、サスペンションフレームを良品と交換します。腐食が認められない場合は、サスペンションフレームのロアアーム取付ブラケット部に防錆剤を塗布します。

識別:
IDプレートに黄緑色のシールを貼付します。
注:
は点検、交換する部品を示します。

ご注意

対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合がありますので、詳しくは最寄りの販売店にお問い合わせください。
対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。