2013年9月10日

スズキ、フランクフルトモーターショーで
コンセプトモデル「iV-4」を発表

フランクフルトモーターショーに出品したコンセプトモデル「iV-4」

スズキ株式会社は、2013年9月10日から開催されているフランクフルトモーターショー(The 65th IAA Frankfurt Motor Show)において、コンパクトSUVのコンセプトモデル「iV-4」を発表した。

※プレスデー:9/10~9/11、一般公開日: 9/12~9/22

コンセプトモデル「iV-4」の概要

「iV-4」は、ジムニー、エスクード(海外名:Grand Vitara)等のコンパクトSUVで高い評価をいただいているスズキが新たに提案するコンパクトSUVのコンセプトモデルである。

  • 開発コンセプトである「Grab your field(自分のフィールドをつかもう)」が示すとおり、お客様自身の遊びの領域、生活スタイルをこのクルマによって手に入れて欲しいという思いと、地表をしっかりと捉える力強い走りを提供したいという思いを込めて開発をスタートさせた。
  • デザイン面ではスズキSUVのDNAを感じさせるデザインを継承しながらも、これからの時代にあう先進性を取り入れた斬新なものとした。
  • 走行性能の面では、SUVに不可欠な4WD性能として、スズキの次世代4WDシステム「ALLGRIP」を採用している。
  • 環境性能についてもコンパクトSUVでトップレベルの低CO2排出量を目指している。

「iV-4」は、単なる街乗りSUVではなく、SUVに求められる走行性能を備えながら、お客様の個性をクルマを通じて表現できるモデルとして、量産化を目指して開発中であり、9月10日に行われた記者発表において鈴木俊宏副社長は、『スズキは、この「iV-4」をベースとした量産モデルを、2015年に欧州に投入する予定である。』と述べた。

フランクフルトモーターショーのスズキのブースでは、この他にもハンガリーのマジャール・スズキ社で生産開始した「SX4 S-CROSS」や、アルト、スプラッシュ、スイフト、スイフトスポーツ、ジムニー、グランドビターラ、キザシなどを出品している。

フランクフルトモーターショー スペシャルサイト(Global Suzuki)
http://www.globalsuzuki.com/IAA2013/

YouTube Global Suzuki チャンネル
http://www.youtube.com/user/GlobalSuzukiChannel

ページのトップへ戻る