1. トップページ
  2. 四輪車メイン
  3. 四輪車車種紹介

ワゴンRワイド/ソリオ

ワゴンRのコンセプトを受け継ぐ小型ワゴン

ワゴンRをベースとし、ボディーサイズを拡大した小型車。ワゴンRを拡幅した新型プラットフォームに、ワゴンRのボディーシェルを拡大・架装するとともに、ワゴンRと部品の共通化を図るなど、投資や開発工数を極力抑えて開発。ワゴンR譲りの乗降性の良さや、見晴らしの良い着座位置に加えて、コンパクトでありながら大人5人が乗車してもゆとりのある室内空間が高く評価された。

また、リッターあたり100馬力のターボ車を設定したこともあり、順調に販売を伸ばしてコンパクトハイトワゴンという独自の市場を切り拓いた。拡幅車は海外でも高評価されたため、当社の海外生産拠点の多くで生産し、各国で販売した。

また、GMとの業務提携の一環として、GM傘下のオペルが「Agila(アギラ)」を生産・販売。日本国内ではGM向けに「シボレー・MW」を当社が生産し、GMとスズキの販売網で販売した。

国内名称は初代がワゴンRワイドで、2代目のワゴンR+(プラス)を経てワゴンRソリオに改名。2代目のマイナーチェンジ時よりソリオとなった。3代目以降はデザイン的にもワゴンRから完全に独立した。2015年に発売のソリオは、当社が販売する登録車の中で最量販車種となった。

1997 | ワゴンRワイド

コンパクトサイズに広い室内を備えた1000cc小型ワゴン

ワゴンRワイド

全長3,400mm×全幅1,575mmのコンパクトなサイズに、大人5人がゆったりと座れるトール&ワイドな居住空間を備えた、個性的なデザインの小型ワゴン。リヤシートを倒すと最大633L(VDA法)の広々としたラゲッジスペースが得られた。また、助手席下のシートアンダーボックスなど豊富な収納スペースを備えることで使い勝手を追求した。エンジンは軽量・コンパクト・高性能な新開発のオールアルミ製K10A型4気筒1000ccDOHCエンジンを全車に搭載。また、100PS(ネット)を発揮するインタークーラーターボ搭載車も設定した。

機種情報 車両型式 E-MA61S
グレード XM XL XZ
機種記号 FXMA FXLA FXZA
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,400
全幅 1,575
全高 1,705
ホイールベース(mm) 2,335
車両重量(kg) 860 870
エンジン エンジン型式 K10A
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC 16バルブ 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC16 バルブ
インタークーラーターボ
総排気量(cc) 996
最高出力 70PS/7,000rpm 100PS/6,500rpm
価格 758,000円(消費税を含まず)より

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

1999 | ワゴンR+(プラス)

世界に通じる小型車を目指した新世代のワゴン

ワゴンR+(プラス)

GMとの提携強化後に進めた技術交流の成果を反映させながら、世界を視野に入れたコンパクトカーを目指した。燃費を重視したDOHC16バルブエンジン搭載車と、力強さを重視したインタークーラーターボ付エンジン搭載車の2種類をラインアップ。いずれも新たにVVT機構を採用したK10A型エンジンとした。車体寸法はショート&ワイドな全長3,510mm×全幅1,620mm とし、狭い道などでの運転のしやすさを確保した。乗り降りのしやすいシート高、簡単な操作で出現する広く平らな荷室や豊富な収納スペースなど、乗る人にとっての使い勝手の良さを追求。また、全車に運転席と助手席間の移動がスムーズなベンチシートとコラムシフトを採用した。

機種情報 車両型式 GF-MA63S
グレード XV XT
機種記号 FXVD FXTD
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,510
全幅 1,620
全高 1,660 1,670
ホイールベース(mm) 2,360
車両重量(kg) 910 930
エンジン エンジン型式 K10A
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒
DOHC 16バルブ VVT
水冷 4サイクル 直列 4気筒
DOHC 16バルブ VVT
インタークーラーターボ
総排気量(cc) 996
最高出力 ネット 70PS/7,000rpm 100PS/6,500rpm
価格 1,178,000円(消費税を含まず)より

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

2000 | ワゴンRソリオ

スポーティーな1300cc車を加えて車名も変更

ワゴンRソリオ

ワゴンR+は2000年のマイナーチェンジで車名をワゴンRソリオに変更し、同時にスポーティーな1300cc車を設定した。VVT機構を採用したオールアルミ製M13A型4気筒1300ccDOHC 16バルブVVTエンジンは、中・低速域から高速域まで扱いやすく、ゆとりある走りが楽しめた。エクステリアは大型フロントグリルと大型4灯式ヘッドランプを備えるなど迫力あるフロントマスクとしたのが特長。また、エアロパーツの装着や、車高を10mm下げたローダウンフォルムの採用などによってスポーティーなキャラクターとした。

機種情報 車両型式 LA-MA34S LA-MA64S
グレード 1.3 21世紀記念スペシャル
機種記号 FXRD-2 FXLD-2
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,575 3,510
全幅 1,600
全高 1,695 1,660
ホイールベース(mm) 2,360
車両重量(kg) 960 920
エンジン エンジン型式 M13A K10A
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒
DOHC 16バルブ VVT
水冷 4サイクル 直列 4気筒
DOHC 16バルブ VVT
総排気量(cc) 1,328 996
最高出力 ネット 65kW(88PS)/6,000rpm 51kW(70PS)/7,000rpm
価格 1,078,000円(消費税を含まず)より

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

2005 | ソリオ

よりファッショナブルに使いやすく進化

ソリオ

2005年の2度目のマイナーチェンジでワゴンRの車名を外し、正式にソリオを名乗るようになった。1.3Eと1.3WELLには新デザインのフロントグリルを採用するとともに、マニュアルレベリング対応マルチリフレクター式のヘッドランプを装備。インテリアは最適な運転姿勢をサポートするシートリフター(1.3WELL、1.3SリミテッドⅡ)や、明るいベージュ色のシート表皮とドアトリム表皮を採用した。また、排ガス性能を向上させグリーン税制にも適合した(2WD)。

機種情報 車両型式 DBA-MA34S
グレード 1.3E 1.3WELL
機種記号 FXXD-L5 FXXD-5
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,545
全幅 1,620
全高 1,665 1,705
ホイールベース(mm) 2,360
車両重量(kg) 970
エンジン エンジン型式 M13A
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC 16バルブ VVT
総排気量(cc) 1,328
最高出力 ネット 65kW(88PS)/6,000rpm
価格 999,600円(消費税込み)より

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

2011 | ソリオ

クラストップの低燃費と広さを実現

ソリオ

軽自動車からのステップアップを考えるユーザーや、ダウンサイジングを考えるコンパクトカー志向ユーザーにも応える車として開発した。新プラットフォームを採用し、ボディーは全長3,710mm、全幅1,620mmとコンパクトでありながら、コンパクトハイトワゴンでクラストップとなる車室の広さを実現。後席ドアは両側スライドドアとした。吸排気VVTを備えた1200ccエンジンと、副変速機構付CVTの搭載により、キビキビとした走りとクラストップの10・15モード22.5km/Lの低燃費を実現した。

機種情報 車両型式 DBA-MA15S
グレード G X S
機種記号 FBGE-A FBXE-A FBSE-A
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,710
全幅 1,620
全高 1,765
ホイールベース(mm) 2,450
車両重量(kg) 1,000 1,030 1,040
エンジン エンジン型式 K12B
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC 16バルブ 吸排気VVT
総排気量(cc) 1,242
最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm
価格 1,382,850円(消費税込み)より

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

2012 | ソリオ バンディット

斬新で圧倒的な存在感を持つシリーズ

ソリオ バンディット

若者の多様な嗜好に応えるべく、斬新で圧倒的な存在感を持つ専用のデザインを採用したのがソリオ バンディット。LEDポジションランプを内蔵したヘッドランプに加え、フロントのアッパー・ロアグリルにピアノブラック塗装を施して、存在感のあるフロントマスクとした。立体感あふれるフロント・リヤバンパーや専用デザインの15インチアルミホイールなどを採用し、精悍で力強い印象のエクステリアとした。インテリアはストライプ柄の専用シート表皮のほか、ブラック基調のインパネやドアトリムなどを採用し、シャープな印象を高めた。

機種情報 車両型式 DBA-MA15S
グレード
機種記号 FSSE-A2
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,710
全幅 1,620
全高 1,765
ホイールベース(mm) 2,450
車両重量(kg) 1,040
エンジン エンジン型式 K12B
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC 16バルブ 吸排気VVT
総排気量(cc) 1,242
最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm
価格 1,683,150円より(消費税込み)

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

2015 | ソリオ

新世代プラットフォームとマイルドハイブリッドを採用

ソリオ

国内および海外のAセグメント車で展開する新開発プラットフォームを初採用。主要構造や部品のレイアウトを全面刷新し、剛性や静粛性、衝突安全性能、走行性能などを大幅に向上させた上で、従来モデル比で100kgの軽量化を達成した。高圧縮比化で熱効率を向上させた新開発K12C型1200ccデュアルジェットエンジンに、出力を向上させたISGと専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドを搭載。クラストップの低燃費27.8km/L(JC08モード)と力強い走りを両立した。

機種情報 車両型式 DAA-MA36S DBA-MA26S
グレード HYBRID MZ HYBRID MX G
機種記号 FBZB FBXB FBGE
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,710
全幅 1,625
全高 1,745
ホイールベース(mm) 2,480
車両重量(kg) 950 930
エンジン エンジン型式 K12C
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC 16バルブ VVT
総排気量(cc) 1,242
最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm
価格 1,454,760円(消費税8%込み)より

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

2015 | ソリオ バンディット

圧倒的な迫力でアグレッシブなスタイリング

ソリオ バンディット

ソリオ バンディットは個性的な表情をつくる2 段構えのLEDヘッドランプやワイド感を強調したエアロ形状のリヤバンパーを採用。圧倒的な迫力とアグレッシブさを感じさせるスタイリングとした。インテリアにはピアノブラック調のセンターガーニッシュや、ダークパープルのアクセントを施した黒基調のシート表皮によって、上質感あふれる空間を表現。また、ソリオと同様に加速時にモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドを搭載した。

機種情報 車両型式 DAA-MA36S
グレード HYBRID MV
機種記号 FSVB
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,710
全幅 1,625
全高 1,745
ホイールベース(mm) 2,480
車両重量(kg) 950
エンジン エンジン型式 K12C
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC 16バルブ VVT
総排気量(cc) 1,242
最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm
価格 1,825,200円(消費税8%込み)

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

2016 | ソリオ ハイブリッド

EV走行を実現した独自のハイブリッドシステムを搭載

ソリオ ハイブリッド

2016年にソリオとソリオ バンディットを一部改良し、当社独自のパラレル方式ハイブリッドシステム搭載車を設定した。コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーターMGUと、軽量コンパクトで伝達効率がよいAGSを組み合わせたシステムで、約60km/h以下での一定速度走行時のEV走行を実現した。また、コンパクトハイトワゴンNo.1の低燃費32.0km/L(JC08モード)と、力強く加速感のある走りを両立した。

機種情報 車両型式 DAA-MA46S DAA-MA36S DBA-MA26S
グレード HYBRID SZ HYBRID MX G
機種記号 FBZH FBXB FBGE
寸法・重量 寸法(mm) 全長 3,710
全幅 1,625
全高 1,745
ホイールベース(mm) 2,480
車両重量(kg) 990 950 930
エンジン エンジン型式 K12C
エンジン種類 水冷 4サイクル 直列 4気筒 DOHC 16バルブ VVT
総排気量(cc) 1,242
最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm
価格 1,917,000円(消費税8%込み)より

※代表するグレードの諸元値を表示しています。

AGS(Auto Gear Shift=オート・ギア・シフト)
マニュアルトランスミッションをベースにクラッチ、およびシフト操作を自動で行う電動油圧式アクチュエーターを搭載した新型トランスミッション。オートメイテッドマニュアルトランスミッション(Automated Manual Transmission:AMT)とも呼ばれ、ドライバーによるクラッチペダル操作及びシフト操作が不要となる。コンピューターがクラッチ、シフト操作を最適に制御し、低燃費にも貢献。高速走行時はATに比べエンジン回転数を低く抑えるため静粛性も確保。
ISG(Integrated Starter Generator=インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター=モーター機能付発電機)
発電効率を高めるとともに、減速エネルギーを利用して効率よく発電できる発電機。モーター機能を併せ持ち、エンジン再始動や加速時のモーターアシストを可能とした。
MGU(Motor Generator Unit=発電可能な駆動用モーター)
コンパクトながら瞬時に大きな力を発揮する駆動用モーター。クリープ走行時や一定速走行時にはMGUのみでのEV走行に加え、加速時にアクセルを強く踏み込んだときには、エンジン出力を力強くアシストする。
VVT(Variable Valve Timing)
可変バルブタイミングとは4サイクルエンジンの吸排気バルブのバルブタイミングやリフト量を可変とする機構のこと。ここでは単に「VVT」と表記した場合は吸気側のみに、また「吸排気VVT」と表記した場合は吸気側及び排気側それぞれに可変バルブタイミング機構を持つことを示す。