キャリイ
運転しやすい、乗り降りしやすい、スペース効率に優れたキャビン。

乗り降りしやすい、広いドア開口部

女性がキャリイに乗車している様子。キャリイ KX 4WD 5MT車、ボディーカラーはガーデニングアクアメタリック(ZVK)。

Photo:KX 4WD 5MT車 ボディーカラーはガーデニングアクアメタリック(ZVK)

スペースにゆとりを持たせたドアの開口高や開放幅によって乗り降りはラクラク。また、足元の開口部も広いため、乗降時の足のすり抜けがスムーズに行なえます。

座り心地にすぐれ、着座時の安定性を高めたシート

(左)キャリイ KX 2WD 5MT車のシート。(右)キャリイ KX 3AT車のシートライザーカーペット シート(運転席、助手席)

*シートライザーカーペットはスーパーキャリイ Xにも装備されています。

シートは乗降時の腰の移動がスムーズな形状。また、座り心地の良い大型の座面とすることで着座時の安定性を高めています。また、KXにはシートライザーカーペットを採用し、室内の質感をさらに向上させています。

運転席は140mmのシートスライドが可能

運転席シートスライド量140mm。10mm×14段階の調節できます。

*シートスライド量はキャリイの数値です。

小柄な方から大柄な方まで、体格に合わせて最適な運転姿勢をとることができます。

天井も足元もひろびろ。ゆとりたっぷりの室内空間

運転席側から見たキャリイの室内空間。ヘッドレストからフロントガラスまでゆとりある空間を確保。

女性がキャリイを運転している様子。頭部や膝まわりは圧迫感がなく、快適です。

ヘッドレストからフロントガラスまでゆとりある空間を確保することで、頭部や膝まわりは圧迫感がなく快適そのものです。広さを実感できる室内幅は、アームレスト付きの成型ドアトリムと相まって、ゆったりと運転することができます。さらにタイヤハウスがシート下にあるレイアウトにより、ペダル操作がしやすい足元空間を実現。また、室内前方のピラー部は右左折時の視認性が良く、安全運転に貢献します。

ガラス間室内幅1,370mm、室内幅1,310mmと広さを実感できる室内幅

*ガラス間室内幅、室内幅はスーパーキャリイも同数値です。

Photo:KX 4WD 5MT車 ボディーカラーはスペリアホワイト(26U)

スーパーキャリイ
快適さと便利さを兼ね備えたゆとりあるキャビン。

男性がスーパーキャリイの室内でくつろいでいる様子。スーパーキャリイ X 2WD 3AT車、ボディーカラーはシルキーシルバーメタリック(Z2S)。

  • *写真は駐車して休んでいる状態です。
  • *写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

Photo:X 2WD 3AT車 ボディーカラーはシルキーシルバーメタリック(Z2S)

大柄な方でもゆとりの運転姿勢をとれるシートスライド&リクライニング

運転席のシートスライド量は軽トラック最長※1の180mmを実現。シート位置は18段の調節ができ、最前端までスライドしなくても最大40°のリクライニングが可能です。※2 助手席は10段の調節ができる100mmのシートスライド量に加え、最前端のロック位置からさらに前方へ40mmのスライドが可能なため、シートバックスペースへの荷物の積み降ろしがスムーズに行なえます。また最後端までスライドしても、24°までリクライニングOK。車内での休憩も快適です。

軽トラックNo.1の運転席シートスライド量 180mm(10mm×18段)。最前端のロック位置からスライド量 40mm。助手席シートスライド量 100mm(10mm×10段)。

シートリクライニングは24°から、最大で40°(軽トラック最大)まで可能

  • ※1 軽自動車トラッククラス。2018年5月現在、スズキ調べ。
  • ※2 シートスライド位置が最前端から13段目まで40°のリクライニングが可能です。

ハイルーフ化により余裕の頭上高を確保

男性がスーパーキャリイを運転している様子。ハイルーフなので、頭上の圧迫感がありません。

ルーフパネルをハイルーフ化したことにより、頭上の圧迫感を解消しました。広々とした解放感を感じられます。

快適な運転環境を追求したシート

撥水加工を施したファブリック表皮を採用したシート

ヘッドレストが一体となったシートをはじめ、Xのシート座面には着座姿勢を安定させるサイドサポートを設定するとともに、 撥水加工を施したファブリック表皮を採用。快適な運転環境を実現しています。

助手席背面はシートバックテーブルとして、さまざまなシーンで利用可能

(上)助手席の背面を利用して、書類を広げて作業している様子。(下)タブレットを助手席背面に立てかけている様子。

外出先で書類を広げてデスク代わりに使ったり、お弁当や飲み物を置いてランチタイムも楽しめます。また、タブレットを立てかけたり、フックで荷物の固定も可能。毎日のシーンで機能的に使えます。

  • *写真は駐車して休んでいる状態です。
  • *写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

紫外線からお肌を守る UVカット機能付フロントドアガラス(X)

UVカット機能付フロントドアガラス。キャリイ X 2WD 3AT車、ボディーカラーはシルキーシルバーメタリック(Z2S)。

Photo:X 2WD 3AT車 ボディーカラーはシルキーシルバーメタリック(Z2S)

フロントガラスに加えてXには紫外線を約90%カットするUVカット機能付フロントドアガラスを採用。スモークガラス(クォーター、キャビンバック)とあわせて全面UVカット機能付きとなり、気になる紫外線からお肌を守ります。

キャリイスーパーキャリイ
仕事で使う道具がすっきり収まる、豊富な収納スペース。

キャリイのインパネ、及び収納スペース。キャリイ KX 4WD 5MT車、ボディーカラーはシルキーシルバーメタリック(Z2S)。

Photo:KX 4WD 5MT車 ボディーカラーはシルキーシルバーメタリック(Z2S)

インパネトレー(助手席)

インパネトレー(助手席)

長めの物の収納に。

グローブボックス

グローブボックス

車検証などの収納に。

ショッピングフック(インパネ)

ショッピングフック(インパネ)

お買い物袋がけに。

*耐荷重1kg

インパネボックス(KX、X、Lを除く)

インパネボックス(KX、X、Lを除く)

手帳、カードケースなどの収納に。

Photo:KC

大型インパネアンダーポケット(センター)

大型インパネアンダーポケット(センター)

タオルや軍手、バーコードリーダーなども。

フロアトレー

フロアトレー

計算機など小物の収納に。

*5AGS車は形状が異なります。

コンソールドリンクホルダー

コンソールドリンクホルダー

小物入れとして使っても便利。

インパネペンホルダー

インパネペンホルダー

ペン3本が収納可能。

*ペンの大きさ・形状により、収納できない場合があります。

Photo:KC

インパネポケット(運転席左側)

インパネポケット(運転席左側)

メジャーや荷札の収納に。

サンバイザーチケットホルダー(運転席)

サンバイザーチケットホルダー(運転席)

駐車券や通行券などの収納に。

①コンソールコインホルダー、②コンソールカードホルダー、③コンソールポケット

①コンソールコインホルダー

*KX 4WD 5MT車、KC農繁仕様、X 4WD 5MT車は1つとなります。

②コンソールカードホルダー

*KX 4WD 5MT車、KC農繁仕様、X 4WD 5MT車を除く。

③コンソールポケット

*KX 4WD 5MT車、KC農繁仕様、X 4WD 5MT車は形状が異なります。

インパネドリンクホルダー(運転席)

インパネドリンクホルダー(運転席)

携帯電話などの小物入れにも。

インパネポケット(運転席右側)

インパネポケット(運転席右側)

名刺入れなどの収納に。

ドアポケット(運転席、助手席)(KX、X)

ドアポケット(運転席、助手席)(KX、X)

伝票などの収納に。

運転席シートバックポケット

運転席シートバックポケット

地図や仕事の資料などの収納に。

*写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

スーパーキャリイ
スーパーキャリイ専用装備

ハイルーフ化で広がったキャビン上部の空間を最大限に活用し、頭上にはA4ファイル2冊とボックスティッシュが収納できる※3オーバーヘッドシェルフを装備。運転席サンバイザーにはバニティーミラーを装備するなど、様々な場所できめ細かい利便性を追求しました。

※3 A4ファイルやボックスティッシュのサイズや形状によっては積載できない場合があります。

オーバーヘッドシェルフ

オーバーヘッドシェルフ

Photo:X

*耐荷重:左・中央・右の各位置でそれぞれ0.5kg(合計1.5kg)

シートバックスペースポケット(運転席側)

シートバックスペースポケット(運転席側)

助手席シートバックテーブル

助手席シートバックテーブル

Photo:X 4WD 5MT車

運転席バニティーミラー(X)

運転席バニティーミラー(X)

*写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。