妥協を許さず、高水準の安全性を実現。

軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]。

安全の基本はまずボディーから。軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]は、衝突時の衝撃をやわらかく吸収するクラッシャブル構造と、衝撃を効果的に分散させる骨格構造、そして高強度なキャビン構造の3つの構造によって乗員を保護します。しかも、構造部材の効果的な接合、補強材の最適化などによってボディーを最大限に軽量化。より確かな安全性と同時に、軽自動車本来の魅力である経済性や走行性を向上させるだけでなく、軽快なフットワークを実現しています。

運転席・助手席SRSエアバッグを全車に標準装備。

エアバッグ膨張時イメージ

Photo:XC 4AT車

前方からの衝撃時に、センサーが一定以上の衝撃を感知するとSRSエアバッグが瞬時に膨張、収縮。シートベルトの効果とあわせて、前席乗員の頭や胸への衝撃を緩和します。

  • ●SRSエアバッグシステムは、シートベルトを補助する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。
  • ●SRSエアバッグシステムは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。また、ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をよくお読みください。
  • SRS=Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

写真は機能説明のために、SRSエアバッグが作動した状態を合成したものです。

充実のシートベルト安全機構。

フロントシートベルトには、プリテンショナー機構とフォースリミッター機構を装備。シートベルトの拘束性を高めるとともに、乗る人への衝撃を効果的に緩和します。

ステアリング操作で危険回避能力を高める4輪ABSを全車に標準装備。

4輪ABS説明イメージイラスト

4輪ABSは、急ブレーキをかけたときや滑りやすい路面でブレーキを踏んだときに起こりやすいタイヤのロックを防ぎ、ステアリング操作による障害物からの回避能力を高めます。

  • ●ABSはあくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。従って安定性の確保にも限界がありますので、ABS非装着車と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要です。安全運転を心がけてください。
  • ABS=Anti-Lock Brake System

安定した制動力を発揮する。信頼のブレーキシステム。

放熱効果の高いフロントディスクブレーキと9インチのマスターバックを全車に装備。軽い踏力で大きな制動力を得られます。

安心のクラッチスタートシステム。(5MT車)

誤操作による発進を防ぐために、エンジンをかけるときにクラッチを踏まないとエンジンが始動しないクラッチスタートシステムを装備。

広い視界を確保したドライビングポジション。

Photo:XC

フロントウインドーとサイドウインドーの面積を大きくとることで、広い視界を確保しました。また、運転席に座ったときのアイポイントを高く設定、遠くまで見とおすことができます。さらにスペアタイヤは、取り付け位置を低くすることで後方視界もスッキリ。車庫入れなどもスムーズです。

フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ(XC)

カラードサイドアンダーミラー(XC)