新型ワゴンR 昇降シート車にデュアルセンサーブレーキサポート標準装備

*単眼カメラ+レーザーレーダー認識イメージ

Photo:(左)ワゴンR 昇降シート車 FZ ボディーカラーはブリスクブルーメタリック(ZWY)/(右)ワゴンR HYBRID FZ ボディーカラーはスチールシルバーメタリック(ZVC)


デュアルセンサーブレーキサポート
人もクルマも検知して、衝突回避をサポート。

単眼カメラ+レーザーレーダー

単眼カメラとレーザーレーダーがワイパー作動域にあるため、雨天時にも作動します。
*著しく天候が悪い時(大雨、雪、霧など)は作動しない場合があります。

フロントガラスに設置した2つのセンサーで、前方の歩行者やクルマを検知。近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせた、コンパクトなシステムを実現しました。自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能など、6つのサポートで万一の危険を予防します。

作動したときの自車速度が約5km/h~約50km/h未満(歩行者の場合は約5km/h~約30km/h未満)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動ブレーキが作動する場合があります。

  • *自動ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください。
  • *自動ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキを踏んでください。


誤発進抑制機能
踏みまちがいなどによる急発進を回避します。

シフトを「D、L(Sモード含む)」の位置に入れて停車または徐行中(約10km/h以下)に、前方約4m以内の障害物を認識。誤ってアクセルを強く踏むと、エンジン出力を最長約5秒間制御して急発進・急加速を抑制すると同時に、ブザー音とメーターおよびヘッドアップディスプレイ内の表示灯によって警報。駐車場などでの操作ミスによる衝突回避に貢献します。

*ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。


車線逸脱警報機能
わき見などで車線をはみ出すと、注意を促します。

約60km/h~約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出すとシステムが判断した場合、ブザー音とメーターおよびヘッドアップディスプレイ内の表示灯によって警報を発し、ドライバーに注意を促します。


ふらつき警報機能
運転の疲れなどで蛇行すると、注意を促します。

約60km/h~約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。運転の疲れなどで車両が蛇行し、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音とメーターおよびヘッドアップディスプレイ内の表示灯によって警報を発し、ドライバーに注意を促します。


先行車発進お知らせ機能
前のクルマの発進に気付かないとお知らせ。

シフトが「D、N、L(Sモード含む)」の位置でブレーキ操作をして停車中、先行車が発進すると自車との距離を計測。先行車が約5m以上離れても、自車が停車し続けたときに、ブザー音とメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。


ハイビームアシスト機能
ハイビームとロービームを自動で切り替え。

ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えます。機能をONにした状態で約30km/h以上で走行中、前方に対向車や先行車がいる場合、または街路灯の多い場所や明るい場所ではロービームに、対向車や先行車がいなくなると自動でハイビームに戻ります。


ヘッドアップディスプレイ
視線の先に、欲しい情報を。

*画面はハメコミ合成です。

運転席前方のダッシュボード上に、車速やシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示する「ヘッドアップディスプレイ」を採用。運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転に貢献します。ディスプレイはエンジンを始動すると自動で展開され、ドライバーの体格に合わせて表示位置を調節できるほか、使わないときは格納することも可能です。

※ 2017年2月現在、スズキ調べ。

前方衝突警報表示/自動ブレーキ作動表示

凍結警告表示

ヘッドアップディスプレイを使用しない時はディスプレイを格納できます。