スズキ認定中古車

スズキ(株)の定める「検査基準」並びに一般財団法人日本自動車査定協会の定める「修復歴の定義」に基づき、スズキ代理店のスズキ1級査定士が車両の外装及び内装等の状態を検査した車両状態証明書付きの車両のことです。

スズキ認定中古車を探す

車両状態証明書とは

スズキ代理店のスズキの1級査定士が内装、外装、修復歴を細かくチェックし車両に傷や凹みなどがある場合は記号と数字で表示します。また車両の総合評価点を10段階でわかりやすく表示します。

総合評価点

車両にある瑕疵の状態と経過月数・走行距離により、その車両の総合評価点(10段階)を表示します。

総合評価 経過月数 走行距離 評価点設定イメージ
S 新車登録後
12ヶ月以内
10,000Km
未満
ほぼ新車の状態で、内外装、無傷・無補修の状態です。
6 新車登録後
36ヶ月以内
30,000Km
未満
内外装、無傷、無補修の状態です。
5 50,000Km
未満
目立たない傷、凹みなどが少しあるが、概ね良好な状態です。
4.5 100,000Km
未満
小さなキズ、凹み・軽微な修理跡があるが、そのまま加修せずに十分に乗れる状態です。
4 150,000Km
未満
目立つ傷、凹みなどが少しあり、加修が必要と思われる箇所が数カ所ある状態です。
3.5 大小の加修を必要とする箇所が数カ所ある状態又は外板②適用車です。
3 大小の加修を必要とする箇所が多数ある状態です。
2 加修を必要とする箇所が車両全体にある状態です。
1 消化材散布車・冠水車(歴車を含む)
R 修復歴車

外板②とは、交換跡(溶接止め外板)及び骨格部位に修復歴とならない損傷又は痕跡があるものです。
経過月数の計算は初度登録月を1ヶ月と計算します。

安心1 スズキ1級査定士が厳しくチェック

一般財団法人日本自動車査定協会が監修し、スズキ(株)が実施するスズキ査定技能検定に合格した、スズキの査定士が厳正にチェックします。

一般財団法人 日本自動車査定協会とは

一般財団法人日本自動車査定協会は、中古自動車の公正な価格、機能の査定を行うことにより、わが国における自動車産業の健全な発展と流通秩序の確立に質するために、昭和41年6月に経済産業省並びに国土交通省の許可のもとに設立された第三者機関であり、

  • ①中古自動車の価格査定
  • ②解約車両の評価
  • ③裁判所の命令による係争車両の鑑定評価
  • ④中古車価格ガイドブックの刊行等

中古車の価格に関する諸事業を行っています。

スズキ1級査定士とは

スズキ1級査定士は、一般財団法人日本自動車査定協会が監修し、スズキ(株)が実施するスズキ査定技能検定に合格した者です。スズキ(株)は一般財団法人日本自動車査定協会のご協力の下、スズキ1級査定士を育成しています。

注意事項

車両状態証明書に記載された内容については、表記の代理店において表記の検査日時点の査定結果を示すもので、表記の代理店以外における査定結果を保証するものではありません。
車両状態証明書に記載の内容はスズキ(株)の定める評価基準に基づき、上記のスズキ1級査定士が車両の外装および内装の状態を検査したもので、車両全ての瑕疵を表示するものではありません。
なお、車両の走行または機能に関しては、別途係員にお問合せください。

安心2 U’s STATIONで車両状態証明書が確認できる

スズキ認定中古車の車両状態証明書を掲載しておりますので、本サイトから車両の細かい状態を確認することができます。

このページの先頭へ