HUSTLER LIFE

HUSTLER × SNOW BOARD

BACK TOP

トレーニングとプチ観光で充実の一日

photo:Tomohiro WATANABE special thanks: SNOVA MIZONOKUCHI-R246, BILLABONG STORE HARAJUKU,megutama

富山からのロングドライブもなんのその。
しっかりした走りと、ゆとりの車内空間が広がる新型ハスラーで、
プロスノーボーダー・広野あさみが東京へやってきた!

安心感のある走りでロングドライブも安心

スノーボードシーズンも押し迫った11月上旬。プロスノーボーダーの広野あさみは、スノーボード仲間との雪上トレーニングとプチ観光を兼ねて、地元の富山から東京へとやってきた。
6時間にも及ぶロングドライブの相棒は、新型ハスラー。見た瞬間、印象に残るパッションオレンジとホワイトの2トーンカラーは、キレがありハッとするようなトリックを決める広野にぴったりだ。スノーボードとブーツ、ウエア、そして久々の東京観光だからということで、おしゃれ着をキャリーバッグに詰め、たくさんの荷物を積んで東京へ。
「車内が広いから、思わずいろいろもってきちゃいました。スノーボードの荷物より普通の荷物のほうが多いかも。富山からは距離があるけど、アクセルに対してしっかりエンジンが反応してパワフルに走ってくれました。気持ちよく快適でした」と広野はいう。
神奈川県にあるスノーヴァ溝の口で友達と合流し、いざスノーボードのトレーニング。最初は、少し抑え気味にすべっていたが、徐々に熱を帯びてくると気分はハイシーズンモードに突入。キッカーを飛び、レールを擦り抜けた。「すべり出しちゃうと、気持ちが抑えきれないですね。結局、本気になっちゃう」。3時間みっちりすべり、トレーニングを済ませると、いよいよ久し振りの東京観光。友達とスマホで何やら検索すると、おもむろにハスラーをスタートさせた。
まずは、ウエアでお世話になっているビラボンの原宿店へ。来季のウエアを見ながらあれこれチェック。そこから冬の気配が漂いはじめた東京をハスラーでドライブ。

1
2

途中、たくさんの写真集を所蔵するめぐたま写真集食堂でソフトクリームをほおばり、締めは少しベタ過ぎるかもしれないがお台場のレインボーブリッジへ。

「富山と違って、都内はたくさんクルマが走っていたけど、ハスラーが軽快に走ってくれたから焦らずに安心のドライブができました。そして、この独特なスタイルとカラーは、都会でも映えますね。純粋にカッコいいと思いますし、雪の上では、とても目立つこと間違いなしです」

東京でのドライブで、しっかりと新型ハスラーをものにした広野。たくさんのお土産を詰め込み、来た時以上の大荷物で富山へとハンドルを切った。「6時間のロングドライブも楽しめそう」といった笑顔だった。

Asami's Voice
まず、そのカッコよさが気に入りました。斬新なスタイルとカラーは、ゲレンデの駐車場でも注目されそうです。実際の走りは、アクセルの反応がいいし、タイヤも大径なので不安定な雪道でも安定感のある走破性を体感できるでしょう。また、収納スペースがたくさんあって小物類がいろいろしまえるのもいいですね。
3 4 5 6 7
8 9 10
  1. 今季初の雪上トレーニングを兼ねて友達と神奈川県のスノーヴァ溝の口へ。身体を慣らしてからグラブを決める
  2. 観光の締めに、レインボーブリッジが一望できる湾岸エリアへ、さらにクルマを走らせた
  3. 助手席を前方に倒すと、シートの背面がテーブルに。飲み物を片手に、それぞれの近況を話し合い女子トークで盛り上がる
  4. 久々に再会したスノーボード仲間と会話も弾む
  5. レールも決めて、雪上トレーニングもすべり出し快調
  6. さぁ、いよいよ観光スタート。スマホで行き先を相談
  7. 汚れを拭き取りやすい素材を採用したラゲッジフロアは、雪で濡れたスノーボードをそのまま入れても気にならない
  8. まずは、東京にあるビラボン原宿店へ。鮮やかできれいなウエアにテンションもあがる
  9. 天気がいいので、街路樹がきれいな幹線道路をハスラーで走る
  10. 膨大な写真集を見ながら食事も楽しめるめぐたま写真食堂で一休み
Asami's Advice 初めてのスノーボード
スノーボードがしたい、うまくなりたいと思うなら、やっぱり基礎が大事になります。基礎をしっかりやって、ドンドンフリーランをしましょう。すべった数だけうまくなります。その結果として、いいジャンプやジブトリックができるようになり、ハーフパイプも楽しめるようになります。基礎を怠ったままいろいろやろうとするとケガをします。まずは基礎から始めましょう。

*写真は2014年1月時点のものです。

フリースタイルが上手く&楽しくなるスポット紹介

新潟県

池の平温泉スキー場

INFORMATION
住所 潟県妙高市字関川2457-1
アクセス <車>上信越動車道 妙高高原ICから約5分(2km)
<電車>信越本線 妙高高原駅からバスで約15分
営業期間 ~2015年4月5日
営業時間 平日8:30~16:30、土日祝8:30~16:30
駐車場 1200台
電話番号 0255-86-2370

初心者用のビギナーパークをはじめ、ゲレンデ内には合計5つのパークを用意。レベルごとに分かれたパークは、非常に使い勝手がいい。また、ゲレンデが全体的にとても緩やかで、バーンも広いので、楽にライディングが楽しめます。気が張るようなバーンはありません。初心者がとてもすべりやすい環境が整っています。近年は、パークが揃っているせいか、スノーボーダー率も高く、楽しそうな雰囲気がおすすめです。

長野県

白馬コルチナスキー場

INFORMATION
住所 長野県北安曇郡小谷村千石乙12860-1
アクセス <車>長野自動車道 安曇野ICから約90分(km)、
上信越自動車道 長野ICから約90分(km)、
北陸自動車道 糸魚川ICから約50分(km)
<電車>中央本線 南小谷村駅から無料送迎バスで約20分、
長野新幹線 長野駅からバスで約90分
営業期間 ~2015年5月6日
営業時間 平日8:30~20:00、土曜8:30~21:00、日祝8:30~20:00、他
駐車場 1000台
電話番号 0261-82-2236

まず、ヨーロッパにあるようなホテルの佇まいが、とてもきれいでテンションが上がります。ホテル越しにゲレンデから見える山々の風景も本格的。また、最近は外国人の方々も多く、日本じゃないような雰囲気がとても新鮮です。本格的なパークはありませんが、パウダーをすべる楽しさが一杯つまったゲレンデは、また違った意味でフリースタイル好きなスノーボーダーにはたまらない雰囲気を醸し出しています。気持ちいい浮遊感を楽しみながらすべりましょう。

長野県

白馬47ウィンタスポーツパーク

INFORMATION
住所 長野県北安曇郡白馬村神城24196-47
アクセス <車>長野自動車道 安曇野ICから49km(約90分)、
上信越自動車道 長野ICから45km(約60分)
<電車>大糸線 白馬駅から無料送迎バスで約10分
営業期間 ~2015年5月6日
営業時間 平日8:00~16:30、土日祝8:00~16:30 ※時期により変更あり
駐車場 2000台
電話番号 0261-75-3533

ゲレンデ自体がとても広く、斜面変化に富んでいて、すべっていてとても楽しいゲレンデです。ゴンドラとリフトをつなぎ山頂からすべれば、かなり軽快なすべりでダンヒルができますし、初心者でも迂回路を使えばゴンドラを利用してロングランが体験できます。さらに初心者パークをはじめ、さまざまなアイテムを設置したパークも揃っているので、レベルに関係なく楽しむことができます。パークのクオリティが高いのも、魅力の一つです。また、雪質もいいので、降雪時の朝イチなどは狙い目です。国内にいる時は、個人的にもよく足を運びます。スノーボーダー仲間も多いので、ついつい向かってしまいます。

One Point Advice 達人指南

パークなどをメインに楽しみたいスノーボーダー初心者が、ウエアを選ぶ際に注意したいポイントは?

まずはサイズが大切。そして機能面も考えたい。

初心者が、初めてのウエアを選ぶ際に注意したいポイントは、まず動きやすさですね。スノーボードは、身体全体を使って行うスポーツです。また、普通にしゃがんだりする時に動きづらいと、それだけで面倒になってしまいますし、気分も乗りません。サイズ感を無視して購入すると、後々面倒になることも多いので、まずはサイズを気にして選びたいです。
その次に気にすべきことは機能です。やはり、 防水性がしっかりしているものがいいでしょう。最初は転んだりすることが多いですから、防水性は必須です。また、保温性も重要です。やはり寒いと、身体も動かなくなるし気持ちも萎えてしまいます。保温性にも充分気を遣いましょう。値段も大事ですが、楽しくすべるためにはサイズや機能面をまずは最優先したいですね。
もちろん、デザインは自分の気に入った物を選びたいですね。自分のテンション、やる気度に大きく左右しますから。

ウエアではないですが、ネックウォーマーは日焼け止め対策として、持っておいたほうがいいと思います。

ボードやバインディング、ブーツを選ぶ時に気をつけることはありますか?

まずは柔らかいボードを選ぼう!

最初に選ぶボードは、とても重要です。最初に手にしたボード次第で、その後のスノーボードライフが決まるといっても過言ではないからです。だから、最初だからこそ、自分に合ったボードをしっかり選びたいものです。
まず大切にしたいことは、柔らかさです。基準が判らないのに、柔らかさもといわれても……。と、思うかもしれませんが、そういう時は、ショップにいって、自分の身長や体重、「フリースタイルをやりたいんです!」ということを、しっかりショップスタッフに伝えれば、それを基準にスタッフが最適なボードを探してくれるはずです。
また、スキルアップを考えた時も、自分に合っているかいないかはとても重要です。初めてなのに、中上級者用のボードを使っても、硬過ぎて操作しにくかったりします。このような経験は、ボードが楽しくないといった間違った判断にもつながるので、さけたいものです。
そして、初心者は脚力がなかったりします。そうした時に、柔らかいボードは動かしやすいので、おすすめなのです。

Profile 広野あさみ ひろのあさみ

1990年富山生まれ。スノーボードをしていた兄の影響で、スノーボードを始める。スノーボードのプロを目指し、高校を卒業と同時に全日本ウィンタースポーツ専門学校(JWSC)に入学。それまでは、すべりもジャンプもバリエーションがなかったが、学校で基礎を徹底的に叩き込まれるとめきめきと上達。さまざまな大会にも出場し成績が残せるようになると、2年生でスノーボードクロスのプロに昇格。現在は2018年、韓国の平昌(ピョンチャン)で開催される冬季オリンピックを目指し、海外を中心に大会を転戦。また、「Tomboy(トムボーイ)」というガールズスノーボードチームのメンバーとして、さまざまなイベントにも参加。女子プロスノーボーダーのなかでも、独特のスタイルが出せるライダーとして、業界内でも評価が高い。