HUSTLER LIFE

HUSTLER × SKI

BACK TOP

人気のハスラーで出かけよう 真剣トレーニングにハスラーでGO!

写真・大下桃子 協力・スノーヴァ溝の口-R246

久しぶりに雪上トレーニングを行なったフリースキーヤー・高尾千穂。
新型ハスラーの軽快な走りに、彼女の気持ちに火がついた。

昨シーズン、冬季ソチオリンピック・女子スキースロープスタイル日本代表として、忙しいシーズンを過ごしたフリースキーヤー・高尾千穂。
11月上旬、新しいシーズンを控え、久しぶりに雪上トレーニングを再開することにした。向かうは、神奈川県にある室内スキー場・スノーヴァ溝の口。ここは、毎年オフシーズンに、彼女が利用するスキー場だ。
今回、高尾が運転したクルマは、ブルーとホワイトのきれいなカラーリングが心地いい新型ハスラー。いつものようにスキー道具一式とウエア、その他のギアを積んで室内スキー場への道のりを走らせた。
「埼玉の自宅から溝の口までは2時間弱のドライブ。軽快なハンドリングで、スムーズな走りを導いてくれました。ラゲッジスペースも広いので、荷物を積んでも圧迫感がなく快適でした。シートアレンジ次第で、スキーを車内に積んで移動できるというのもうれしいです」と、高尾。
溝の口に着くと、気持ちが高ぶってきた。いくら室内スキー場とはいえ、やはり雪上に立つことを考えると興奮する。ウエアを着込み、スキーブーツに足をすべり込ませ、そしてバックルをしっかりと締めゲレンデへと向かった。ヒンヤリとした空気に、気合いが高まる。身体のコンディションを探るように、一本、また一本とすべっていく。
「やっぱり雪上は気持ちいいですね。スキーって楽しい。ハスラーは車高も高いし、大径タイヤだから、雪道でも安定感が高そう。いよいよシーズンだし、実際の雪山へもハスラーで行ってみたい」
スキーのスムーズなすべりと新型ハスラーの軽快な走りはリンクするという高尾。
この冬は、ハスラーの走りに負けないようなすべりで、もっといいスキーがしたいと誓うのだった。

1 2
Chiho's Voice
見た目のイメージよりも車内がとても広々としていて驚きました。とくに、運転席にゆとりがあって天井が高いので、気持ちよくドライブできますし、車高があるので荷物の積み下ろしがしやすかったのもよかったですね。そして、ホワイトとブールのきれいな2トーンカラーと、独特なスタイリングがマッチしていて、とてもかわいらしいなと思いました。
5 3 4
  1. 午前中は、地元のサイクリングロードで自転車トレーニング
  2. 普段と同様にスキーギア一式とウエアをもって、トレーニングへ。大荷物でも、ラゲッジスペースが広いので積み込みも余裕だ
  3. 今季、初めての雪上トレーニングは、不安と期待で一杯
  4. 久しぶりの室内ゲレンデ。人工雪でも自然とテンションが上がる
  5. ストレートに何本かすべり降り、アイテムの初トライはボックス
  6. ゴーグルやグローブといった小物類は、ラゲッジネットを使って、うまく空間を利用して収納できる
  7. 汚れを拭き取りやすい素材を採用したラゲッジフロアは、雪で濡れたスキーをそのまま入れても気にならない
  8. 練習を終え、ドライバーズシートでメールをチェック。広々としていてカラーパネルなど、遊び心のある室内空間は、練習後の休憩もゆっくりできる
  9. 最低地上高は175㎜で、冬の雪路でも快適にドライブができる
  10. いい練習を終え、軽快なハンドリングで自宅までのドライブを楽しむ

*写真は2014年1月時点のものです。

Chiho's Advice フリースキーのススメ
フリースキーをやったことがない方は、ジャンプが怖い! という印象があると思いますが、実は、そんなことはありません。ジャンプ台にもいろいろとサイズがあるので、自分がいけそう!と思えるレベルのジャンプ台から始めることが安全だし大切。ジャンプだけに限らず、好奇心と少しの勇気でスキーの楽しみ方は大きく増えます。ぜひ、多くの人にスキーを広く楽しんでほしいと思います。
9 6 7 10 8
フリースキーが上手く&楽しくなるスポット紹介

新潟県

苗場スキー場

INFORMATION
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町三国
アクセス <車>関越自動車道 月夜野ICから約50分(33km)、
関越自動車道 湯沢ICから約30分(20km)
<電車>上越新幹線 越後湯沢駅からバスで約50分
営業期間 ~2015年5月6日
営業時間 平日8:00~21:00、土日祝8:00~21:00/ナイター(12/20~3/29)、他
駐車場 3,800台(平日無料、土日祝500~1,000円)
電話番号 025-789-4117

長野県

白馬五竜

INFORMATION
住所 長野県北安曇郡白馬村大字神城
アクセス <車>長野自動車道 安曇野ICから約60分(47km)、
上信越自動車道 長野ICから約50分(50km)
<電車>大糸線 神城駅から無料送迎バスで約5分、
長野新幹線 長野駅からバスで約60分
営業期間 ~2015年5月6日
営業時間 平日8:00~16:50、土日祝6:30~21:30/ナイター18:00~21:30、他
駐車場 2,700台(無料)
電話番号 0261-75-2101/0261-75-2636

このふたつのスキー場は、初心者用コースがゲレンデ入り口のすぐそばにあります。だから、スキー道具一式をもって歩くのもままならないといった初心者でも、安心してコースに出ることができます。また、コース幅も広々としているので、ゆとりをもってすべることができ、楽しく練習ができます。パークについても、初心者でもトライしやすい小さなアイテムが揃っているので安心です。初心者から上級者まで楽しめるパークは、レベルに関係なく仲間と楽しむことができます。

群馬県

スノーパーク尾瀬戸倉

INFORMATION
住所 群馬県利根郡片品村戸倉329
アクセス <車>関越自動車道 沼田ICから約60分(39km)
<電車>上越線 沼田駅からバスで約90分、
上越新幹線 上毛高原駅からバスで約120分
営業期間 ~2015年4月5日
営業時間 平日8:00~17:00、土日祝8:00~17:00
駐車場 1,100台(無料)
電話番号 0278-58-7511

第2ペアA、Bリフト沿いには、私も共同プロデューサーとして参加している「プログレッション・パーク」が、オープンします。このパークは、初級、中級、上級とレベル別にしっかり分けてアイテムを設置。さまざまなレベルのスキーヤーが、周りを気にせず練習に集中することができます。スペースも十分確保されているので、安全面もしっかりしています。ステップを踏みながら、さまざまなアイテムを楽しみながら上達できるパークは、これからフリースキーをしてみたい方に最適です。そして、フリースキーの専門スクールもあり、1人でパークに入るのが心配な方のためにレッスンも行なっているので、ぜひ利用してみてください。

One Point Advice 達人指南

パークなどをメインで楽しみたいフリースキー初心者がウエアを選ぶ際に注意したいポイントは?

防水性と保温性に優れたウエアを選びたい

パークなどを楽しむ時は、最初からうまくアイテムをクリアすることはなかなか難しいものです。転ぶことも多いと思います。そうなると、ウエアが雪に触れる機会が増え、濡れることも多くなります。ウエアは、防水加工がしっかりされたもの、または防水性に優れた素材を使用しているものを選ぶといいでしょう。
また、スキーはシーズンを通して楽しむとなると気候も大きく変わります。1月や2月のハイシーズンはとても寒く、春先は逆に暖かくなりウエアをしっかり着込んでいると暑くてたまりません。そこで、基本的には保温性が優れたものがいいと思いますが、ベンチレーション機能が備わっているものを選ぶことをおすすめします。気温に合わせてベンチレーションを開けたり閉じたりすることで、ウエア内の温度を調整することができ、シーズンを通して快適に過ごすことができます。

スキーやバインディング、ブーツを選ぶ時に気をつけることはありますか?

最初は軽さを第一に考えましょう

キッカーで気持ちよく飛んだり、ボックスで遊んだりする為には、スキーやバインディング、ブーツなど、すべてにおいて軽くて扱いやすいものを選ぶことが大切です。重量があると取り回しが難しく、簡単なトリックでもぎこちなくなります。最初のうちは、すべて軽いものがいいでしょう。
そして、スキーの長さは身長と同じくらいか、少し短いくらいがベスト。そのほうが、エア(キッカーなどでジャンプをする行為)の際バランスがとりやすく安定します。
ブーツは、選ぶ時に少しコツがあります。座って試履きするだけでなく、実際に履いた状態で少しお店の中を歩いてみましょう。実際に動いてみることで、ブーツの中で足が違和感を感じないかが理解できます。
ヘルメットは、頭にしっかりとフィットするサイズを選ぶことが重要です。被っている最中に痛くならないのももちろんですが、しっかり頭の形にフィットしていることが安全面でとても大切なのです。わたしは雪上に出る時は必ずといっていいほどヘルメットを被りますが、フィット感はとても重視しています。
あと、最初からあるといいのはヒップパッドです。これは、パンツの中でお尻を防御するサポーターみたいなものです。わたしは、今でもパークをすべる時はつけています。トリックを失敗した時にお尻から転んでしまうことが多いので、ダメージを軽減するためにもヒップパッドはおすすめです。

Profile 高尾千穂 たかおちほ

1984年東京生まれ。友人に誘われたことがきっかけで、大学時代からスキーを始めた遅咲きのスノーアスリート。モーグルの大会を見た時に、ジャンプの凄さに衝撃を受けフリースキーのライダーを目指す。最初は、ローカル大会を転戦し実績を積み、その後活躍の場をワールドカップへと移す。2014年、ロシアで開催された冬季ソチオリンピックに女子フリースキー・スロープスタイル日本代表として出場。右ヒザ靭帯のケガにもめげず果敢に攻めた姿が印象的。冬季は、フリースキーヤーに人気が高い群馬県のスノーパーク尾瀬戸倉スキー場でフリースキースクールのインストラクターやパークプロデューサーとして活躍中。今後は、フリースキーの啓蒙のための新たなチャレンジを思案中。