安全装備

安心のドライブをサポートする、先進の安全技術を搭載しています。

安心して、楽しくスズキのクルマに乗っていただきたいという想いから生まれた「スズキ セーフティ サポート」。事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。

人にも、クルマにも作動する衝突被害軽減ブレーキ。

デュアルセンサーブレーキサポート

フロントガラスに設置した「デュアルセンサー」が、前方のクルマや人を検知。近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、中・長距離に強く歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせて、万一の危険を察知し、自動(衝突被害軽減)ブレーキなどで衝突回避をサポートします。

単眼カメラ+レーザーレーダー

*写真はイメージです。

前方のクルマや歩行者との衝突を回避。

システムが、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音などでドライバーに警告。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

  • *衝突被害軽減ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください。
  • *衝突被害軽減ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

バック時にも、衝突被害軽減ブレーキが作動。

後退時ブレーキサポート

リヤバンパーに4つの超音波センサーを内蔵し、車両後方にある障害物を検知。透明なガラスなども検知でき、コンビニの駐車場などでの衝突回避をサポートします。

超音波センサー

*写真はイメージです。

後方の障害物との衝突を回避。

センサーで後方の障害物との距離を測り、4段階のブザー音で障害物への接近をお知らせする「リヤパーキングセンサー」を搭載。さらに、後方の障害物との衝突の可能性が高まると自動でブレーキが作動し、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

*衝突被害軽減ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により後退しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

踏みまちがいによる急発進を回避。

誤発進抑制機能

駐車場などで、前方に壁などがある状況でアクセルペダルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動で抑制。急発進・急加速を抑え、踏みまちがいなどによる衝突回避に貢献します。

*ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

シフト入れまちがいによる不意の後退を回避。

後方誤発進抑制機能

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)位置の状態でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止。うっかり誤操作による衝突回避に貢献します。

車線のはみ出しを予防。

車線逸脱警報機能

走行中に左右の区画線を検知して進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

眠気などによるふらつきを予防。

ふらつき警報機能

走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測。車両が蛇行するなど、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

うっかり出遅れを予防。

先行車発進お知らせ機能

停車中、前のクルマが発進して約4m以上(ワゴンR 昇降シート車、ワゴンRスティングレー 昇降シート車は約5m以上)離れても停車し続けた場合、ブザー音や表示灯などによって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

ハイ / ロービームの切り替え忘れを予防。

ハイビームアシスト

ハイビームで走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所になると自動でロービームに。対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

<デュアルセンサーブレーキサポート・後退時ブレーキサポート・誤発進抑制機能・後方誤発進抑制機能・車線逸脱警報機能・ふらつき警報機能・先行車発進お知らせ機能・ハイビームアシストについて> ■運転支援を目的としています。■検知性能・制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。■状況によっては正常に作動しない場合があります。■対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または被害を軽減できない場合があります。■ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行なっているときは、作動しない場合があります。■ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。■詳しくは販売会社にお問い合わせください。<各機能の作動条件>●デュアルセンサーブレーキサポート:自車速度約5km/h〜約100km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約60km/h)で走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合。作動したときの速度が約5km/h〜約50km/h(歩行者の場合は約5km/h〜約30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に衝突被害軽減ブレーキが作動する場合があります。●後退時ブレーキサポート:約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知し、システムが「このままでは衝突が避けられない」と判断した場合。●誤発進抑制機能:シフトが「前進(スペーシア 車いす移動車、ワゴンR 昇降シート車、ワゴンRスティングレー 昇降シート車はD・L(Sモード含む)。エブリイワゴン 車いす移動車、エブリイ 車いす移動車はD・2・L)」の位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約4m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。●後方誤発進抑制機能:停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。●車線逸脱警報機能:約60km/h以上で走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。システムが車線をはみ出すと判断した場合。●ふらつき警報機能:約60km/h以上で走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。システムが「ふらつき」と判断した場合。●先行車発進お知らせ機能:シフトがスペーシア 車いす移動車、ワゴンR 昇降シート車、ワゴンRスティングレー 昇降シート車はD・L(Sモード含む)・N、エブリイワゴン 車いす移動車、エブリイ 車いす移動車はD・2・L・Nの位置でブレーキ操作をして停車中、先行車が発進して約4m以上(ワゴンR 昇降シート車、ワゴンRスティングレー 昇降シート車は約5m以上)離れた場合。●ハイビームアシスト:約30km/h以上で走行中、ライトスイッチレバーのつまみを「AUTO」の位置にし、ヘッドライトが点灯した状態でレバーを車の前方向に押し、ハイビーム位置にしているとき。

その他の安全技術

後続車に急ブレーキをお知らせ。

エマージェンシーストップシグナル

約55km/h以上で走行中に急ブレーキを検知すると、ハザードランプが自動で高速点滅。後続車に急ブレーキを知らせ、注意を促します。

安定感のある走りをサポート。

ESP(R)[車両走行安定補助システム]

さまざまなセンサーによって走りを監視し、必要に応じてエンジンとブレーキをコンピューター制御。カーブでのタイヤのスリップや横滑り、急ブレーキ時のタイヤロックなどを抑え、車両の安定走行に貢献します。

  • *ESPはDaimler AGの登録商標です。
  • *ESP=Electronic Stability Program
  • *エンジントルク低減の度合いやブレーキをかける車輪とその強さは走行状況により変化します。ESP(R)はあくまでも安定走行を補助する装置です。タイヤと路面間のグリップの限界を超えてスリップや横滑りを起こした場合はESP(R)が作動したとしても、その効果は期待できません。

主な安全技術

  • ●軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト> 
  • ●歩行者傷害軽減ボディー
  • ●頭部衝撃軽減構造インテリア
  • ●運転席・助手席SRSエアバッグ
  • ●頚部衝撃緩和フロントシート(運転席) 
  • ●デュアルセンサーブレーキサポート
  • ●後退時ブレーキサポート
  • ●誤発進抑制機能
  • ●後方誤発進抑制機能
  • ●リヤパーキングセンサー
  • ●車線逸脱警報機能
  • ●ふらつき警報機能
  • ●先行車発進お知らせ機能
  • ●ハイビームアシスト
  • ●エマージェンシーストップシグナル
  • ●ESP(R)
  • ●ヒルホールドコントロール
  • ●4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]