企業情報 > CSR・環境取り組み > はじめに / CSR方針

CSR方針

CSR推進体制

代表取締役及び関係役員等が出席する経営会議において、CSR活動における課題や方針、対策等について議論しています。経営と一体となった、実効性のある活動の推進を目指しています。

CSR活動におけるマテリアリティ(重要課題)の特定

スズキグループのCSR活動におけるマテリアリティ(重要課題)について、経営企画部門(広報、経営管理・IR、コーポレートガバナンス)や環境部門等のCSR主管部門が主体となり、以下の手順で特定作業を行いました。

CSR活動におけるマテリアリティの特定手順

Step 1 GRIガイドラインなどを基に課題を抽出
Step 2 抽出した課題についてCSR主管部門が整理及び議論し、スズキグループにとっての重要性を決定
Step 3 ESG投資家や環境NGOとのミーティングなどを通じて、ステークホルダーにとっての重要性を決定
Step 4 スズキグループにとっての重要性、ステークホルダーにとっての重要性の2軸から、マテリアリティの特定と優先順位を決定
Step 5 中期経営計画の内容との整合性を確認

特定したマテリアリティは以下のマトリックス形式で一覧にまとめました。このマテリアリティに基づいて今後のCSR活動に取り組み、定期的に見直しを行ってまいります。

ステークホルダー
にとっての重要性
非常に高い
  • 労働安全衛生
  • 交通安全
  • 環境保全
  • 人権の尊重
  • サプライチェーン・マネジメント
  • 品質向上(開発・生産・販売・サービス)
  • CO2排出量の削減
  • 環境技術の開発と普及
  • 安全技術の開発と普及
  • コーポレートガバナンス・コンプライアンス
  • 安定した収益成長
高い
  • 資源の有効活用(原材料・エネルギー・水)
  • ダイバーシティ
  • 教育支援
  • 地域社会への貢献
  • 企業価値の向上
  • 人財育成
  • 安定した労使関係
  • 危機管理の強化
  高い 非常に高い
  スズキグループにとっての重要性

SDGsとスズキグループのCSR活動

2015年9月に国連総会で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、社会、経済、環境面において2030年までに取り組むべき17の目標を設定することで問題の解決を図り、より良い国際社会の実現を目指すものです。企業も含めたすべての国と地域、すべての人による行動が求められています。
スズキグループはSDGsを支持し、CSR活動を通じて目標達成に貢献できる項目について、積極的にその責任を果たしてまいります。

SDGs スズキのCSR活動における関連項目

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を増進する
(環 境)燃費の向上、次世代車両の開発
環境負荷物質の低減・使用代替

(社 会)福祉車両
スズキセーフティサポート
交通安全の取り組み

すべての人に包括的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
(社 会)スズキ財団、スズキ教育文化財団
教育支援活動
スズキ歴史館
国内工場、国内代理店、海外グループ会社の取り組み

ジェンダー平等を達成し、すべての女性および女児の能力強化を行う
(社 会)ダイバーシティ、女性活躍推進の取り組み

すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
(環 境)工場排水の浄化
工場・オフィスの節水徹底
環境コミュニケーション活動

(社 会)国内工場・国内代理店・海外グループ会社の取り組み

すべての人々の安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
(環 境)次世代車両の開発(電動車・燃料電池車)
生産活動におけるCO2削減活動
太陽光発電の増設

包括的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する
(環 境)次世代車両の開発(電動車・燃料電池車)
(社 会)お取引先様とともに
企業価値の向上

強靭なインフラ構築、包括的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
(環 境)燃費の向上、次世代車両の開発
(社 会)教育支援活動

包括的で安全かつ強靭で持続可能な都市及び人間居住を実現する
(社 会)福祉車両
スズキセーフティサポートの商品展開
交通安全の取り組み
国内工場、国内代理店、海外グループ会社の取り組み

持続可能な生産消費形態を確保する
(環 境)大気汚染の抑制
3Rの推進
グリーン調達の推進
LCAの実施

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
(環 境)燃費の向上、次世代車両の開発
生産活動におけるCO2削減活動
太陽光発電の増設
環境教育活動の推進

持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
(環 境)クリーン・アップ・ザ・ワールド・キャンペーン

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の促進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、並びに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
(環 境)生物多様性ガイドライン
森林保全活動

持続可能な開発のための平和で包括的な社会を促進し、全ての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包括的な制度を構築する
(社 会)お取引先様とともに
(ガバナンス)コンプライアンスの取り組み

各ステークホルダーとの関わり

主なステークホルダー 考え方 対話・コミュニケーション方法
お客様

お客様の満足のために

人びとの暮らしに役立ち、心を満たす真の「価値」ある製品づ
くりのため、時代の足音に耳を傾け、人の心に寄り添いなが
ら、技術と真心をもって挑み続けます。また、迅速で確実、気持
ち良い販売・アフターサービス活動を心がけ、お客様の満足の
ためにベストを尽くします。

  • 営業活動(販売・アフターサービス)
  • お客様相談室
  • お客様イベント
  • 安全運転講習会の開催 など
お取引先様

共存共栄を目指して

「価値ある製品づくり」のために、お取引先様と対等な立場で
相互に協力し、信頼関係を構築するとともに、法令遵守・人権
尊重・環境保全についての取り組みを実践し、パートナーとし
て共に繁栄できる関係を構築します。

  • 購買方針説明
  • 調達活動
  • 共同開発
  • マネジメントや実務担当者による意見交換会 など
株主・投資家の皆様

企業価値の向上を目指して

迅速かつ適切、公平な情報開示を推進していくとともに、株
主・投資家の皆様との対話に努め、経営基盤の強化と企業
価値の向上に取り組みます。

  • 定時株主総会
  • 機関投資家向け説明会
  • 個人投資家向けIRイベント
  • 各種報告書発行 など
従業員

働きやすく、働きがいのある職場づくり

従業員が自己の向上につとめ、常に意欲的に前進することが
できるよう、次のことに取り組みます。

  • ①従業員が安全・安心かつ健康に働ける職場づくり
  • ②高い目標に挑戦する人財を評価・支援する体制づくり
  • ③良好で安定した労使関係づくり
  • 安全衛生委員会
  • 相談窓口
  • 目標チャレンジ制度
  • 自己申告制度
  • 社内教育・研修プログラム
  • 労使協議会 など
地域社会

地域に愛される企業を目指して

積極的な地域社会とのコミュニケーション活動や社会貢献
活動により、地域の一員としての責務を果たし、地域社会の発
展に貢献します。

  • 国内外各事業拠点における地域貢献活動
  • 教育支援活動
  • スズキ歴史館 など
環境

地球環境保全への取り組み

地球環境保全への取り組みは、経営上の最重要課題である
ことを認識し、持続的発展が可能な社会の実現に向けて「ス
ズキ地球環境憲章」に基づき、全ての事業活動及び製品に
おける環境保全を推進します。

  • 環境計画2020の策定・推進・報告
  • 各種環境イベントの開催・参加
  • 環境教育・講習会 など

人権に関する基本的な考え方

「スズキグループ行動指針」に定めている「人権の尊重」は、すべての企業活動の基本であると考え、CSR活動においてもその徹底を図っています。スズキグループは、人権侵害につながるあらゆる行為に加担する意思はありません。全てのステークホルダーの皆様とともに、人権尊重の取り組みを進めていきます。

(人権に関する取り組み事項)

  • あらゆる形態のハラスメント行為の禁止
  • 安全・健康な労働環境と良好な労使関係
  • 雇用における差別の撤廃
  • 児童労働、強制労働の禁止
  • 人権侵害の原因となる紛争鉱物の不使用

レポート目次

ESGインデックス