二輪車 リコール・改善対策

2020年1月23日

リコール届出番号 4642

アドレス110のリコールについて

スズキ株式会社は、アドレス110について、下記のリコールを国土交通省に届け出いたしました。ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
対象となるお客様には、お知らせのダイレクトメール、またはスズキ販売店等からご案内させていただきますので、お早めに最寄りのスズキ販売店へご連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

リコール詳細

リコール開始日 令和2年1月24日
不具合の内容 ホーンスイッチにおいて、接点の表面処理が不適切なため、スイッチ内部に水や塵埃が浸入した状態で使用を続けると接点が腐食することがあります。そのため、接点が導通不良となり、警音器が作動しなくなるおそれがあります。
改善の内容 全車両、ホーンスイッチを対策品に交換します。また、ホーンスイッチのケース側にブーツが取り付けられていない車両にはブーツを追加します。

対象車両

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数 備考
スズキ EBJ-CE47A アドレス110 CE47A-100016~CE47A-131880
平成27年2月24日~平成29年8月28日
31,856  
2BJ-CE47A CE47A-131892~CE47A-143718
平成30年2月9日~令和元年11月15日
11,756  
合計 計43,612台  

改善箇所説明図

ホーンスイッチにおいて、接点の表面処理が不適切なため、スイッチ内部に水や塵埃が浸入した状態で使用を続けると接点が腐食することがあります。そのため、接点が導通不良となり、警音器が作動しなくなるおそれがあります。

改善の内容

全車両、ホーンスイッチを対策品に交換します。また、ホーンスイッチのケース側にブーツが取り付けられていない車両にはブーツを追加します。

注:
は交換部品を示します。
はブーツが取り付けられていない車両に追加する部品を示します。
識別:
車わく(サイドスタンド取付位置付近)に茶色のシールを貼付します。

ご注意

対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合がありますので、詳しくは最寄りの販売店にお問い合わせください。
対象車の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。