1. ホーム
  2. 採用情報
  3. みなさんへのメッセージ

みなさんへのメッセージ

ぜひ一度、会社訪問にお越しください。みなさまとお会いできることを、楽しみにしています!

代表者からのメッセージ

代表取締役社長 新川 和彦

当社は今後さらに店舗リニューアルを進めていき、販売ネットワークを広げ、シェアと販売台数の拡大を図り、お客様に選ばれ続ける会社を目指していきます。そのためにスズキ社員には、お客様との信頼関係を末永く築いていくことが求められます。常にお客様の声に耳を傾け、相手の立場になって行動する。そして感謝と謙虚な気持ちを持ってお客様や周囲と接することができる、そんな人材を当社は求めています。共に成長していきましょう。

採用担当者からのメッセージ

経営管理部 採用担当 佐藤 春奈

『安定企業』『若手・女性も活躍』『地元就業』
このキーワードを叶えたい方、是非スズキの説明会・見学会へご参加ください。

スズキの魅力をしっかりお伝えします!皆様のご参加をお待ちしております!

先輩からのメッセージ

業販営業 清野 鉄雄〈2018年入社〉

業販営業は地域の整備工場や販売店にスズキの車を卸売したり、お客様の要望にお応えしながらスズキ車の良さを伝えていく仕事になります。取引先やお客様と信頼関係を深めていくことにやりがいと楽しさを感じます。

スズキは老若男女幅広いユーザー層でいろんなお客様と接することができることに魅力を感じたことと、スズキがメインで取り扱っている軽自動車や小型自動車といった生活に身近な存在の商品なら、取り扱いもしやすく、”自分でもできそう!”と思いスズキにチャレンジしました。

何事もやる気があれば前進できます!是非一緒にスズキを盛り上げていきましょう!!

つづきを読む

サービス 若狭 拓実〈2018年入社〉

私にはこのスズキに目標とする先輩がいます。その先輩と一緒に働きたくてスズキに入社を決めました。まだまだ足元にもおよびませんが、その先輩のようにお客様から指名していただけるような、周囲から信頼される整備士になりたいと思っています。

みんなで声を掛け合い協力して作業する風土からチームワークが生まれ、仲間意識が高まります。私はそんな今の職場が好きです。スズキは研修制度が充実していて、様々な作業にもチャレンジする機会があるため、自分の成長を実感できることにやりがいも感じます。是非一緒に仲間として働きましょう!

つづきを読む

直販営業 菊田 歩夢〈2017年入社〉

ショールームで主に新車販売、また販売だけでなくお客様のカーライフをサポートするお仕事をしています。管理のお客様への電話と訪問での点検案内やイベント案内、任意保険のご提案など、充実したアフターフォローを欠かさず行っています。
日頃は来店されたお客様のお出迎え・お見送り・店頭での接客応対や電話応対など、お客様と接する機会が多いため、お店の顔として笑顔で居心地の良いお店作りを心掛けています!お客様に、またこのお店に来たい!と思って頂けるよう店内の整理整頓や季節感のある飾り付けなども行っています。

Uターン就職を考えていたため、地元に戻って就職をするのであれば"地域密着型"の仕事に勤めたいと考えていました。
そこで福島では必ずと言って良いほど車が必要な地域であり、「車」の中でも身近で親近感のある「スズキ」で、女性スタッフが多く活躍してることを知りました。また、スズキでは半分以上のお客様が女性の方であり、女性ならではの視点に立って自分自身で考え、行動し、活躍出来たら良いなと思いスズキに入社を決めました。実際に働く社員の方々は年齢が近い方が多く接しやすく仕事がしやすい環境があります。みんなさんも是非スズキにチャレンジしてみてください!

つづきを読む

直販営業 松崎 裕一〈2018年入社〉

ショールームにてスズキの新車販売、管理顧客のアフターフォローを担当しています。お話をしていてすごく気が合うなぁと思ったお客様は成約に至ることが多いです。ご縁が持てたことへの喜びを感じられるやりがいが詰まった仕事です!納車時にお客様から”ありがとう””松崎さんが担当で良かった”と言われると最高に嬉しいです!当たり前のことをやっているのですが、ありがとうは魔法の言葉だと思います。その後の仕事のモチベーションもグッと上がります。

私は学生時代にジムニーに乗っており、スズキに興味を持ったことをキッカケに会社説明会に参加しました。
そこで出会った人事担当者、先輩社員の雰囲気、人柄に魅力を感じ一緒に働きたいと思えたことと、福利厚生がしっかりしているところが魅力に感じスズキに入社を決めました。私は福島県が地元です。地元の土地柄、人柄は他の地域には絶対にないものなので、私は地元に就職をしてよかったと思っています。地元福島を一緒に盛り上げていきましょう!

つづきを読む
みなさんへのメッセージページのメニュー

お問い合わせ