走行・環境性能

テクノロジーが、ぎゅっ。エコでいこう!宣言

運転はやっぱりエコが大事。
わたしの毎日の運転が、地球にとってもやさしいといいな。

Photo:X 2WD 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ボディーカラーはピュアホワイトパール(XVR)

※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
※2 WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。高速道路モード:高速道路等での走行を想定。
*WLTC=Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle

かしこくガソリンを節約しよう!

「新アイドリングストップシステム」では、停車前の減速時にアクセルペダルを離すとガソリンの供給をストップし、ブレーキペダルを踏んで時速約13km以下になると自動でエンジンを停止。ムダなガソリン消費を抑え低燃費に貢献します。さらに「エコクール」により、アイドリングストップ中でも冷たい風を一定時間送り、車内の快適性を保ちます。

エアコン使用時のアイドリングストップを開始するタイミングやエンジン再始動のタイミングを3つのモードから選べます。空調の快適さを優先したり、燃料の消費を抑えるなど、ドライバーの任意で設定できます。(X、L)

標準

燃費優先

快適優先

エネルギーを有効に使おう!

減速時のタイヤの回転エネルギーを利用して発電し、鉛バッテリーと高効率のリチウムイオンバッテリーに充電。だから、発電に必要なガソリン消費を最小限に抑えるとともに、エンジンへの負担も軽減できます。

高効率リチウムイオンバッテリーは、軽量・コンパクトながら電気を効率よく充電できるため、走行時の発電を最小限に抑え、ガソリンの節約に貢献します。

高効率リチウムイオンバッテリー

エコを意識して走ろう!

メーター上部には「ステータスインフォメーションランプ」を搭載。ランプの色で運転状況を知れるので、エコドライブの目安になります。グリーンランプのキープを目指してドライブしましょう!

ブルー:通常運転の状態

グリーン:燃費効率がよい運転状態

ホワイト:エネチャージ作動時

他にもこんな工夫!

軽量化と高い安全性を両立した新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」。

クルマの基本性能を高める軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」。

加速がスムーズにできてお財布にもうれしい走り。 副変速機構付CVT

低燃費な走りと力強い加速に貢献するスズキの「副変速機構付CVT」。回転部品の摩擦を徹底的に抑えて、変速ショックがほとんどない滑らかな走りを生みだします。

  • *CVT=Continuously Variable Transmission

小回りがきくから、細い道もスイスイ。