「安心」のオペレーターサービス 24時間365 日つながる

スズキ緊急通報(ヘルプネット®)

“もしも”の事故時は自動でオペレーターに接続。急病時などはボタンを押すだけでもつながり、消防・警察への通報をサポートします。

*SOSボタン(手動通報)の場合は、衝突情報と乗員の重傷リスクは連携されません。

*体調不良などで本サービスをご利用になる場合は、安全な場所に停車してから行なってください。

スズキ緊急通報(ヘルプネット®)とは?

“もしも”の事故や急病時などの
緊急時には専門のオペレーター
消防・警察への通報をサポート
します。

オペレーターに接続されると、
自動で車両位置が共有されます。

先進事故自動通報[D-Call Net®※対応]

エアバッグが展開するような大きな衝撃を検知すると、自動でオペレーターに接続。
オペレーターの呼びかけに応答がない場合は、緊急車両の出動を要請します。

SOSボタン(手動通報)

急病時あおり運転の被害などにあったら「SOSボタン」を押すとオペレーターにつながり、
消防・警察への通報をサポートします。

*ヘルプネット®は、株式会社日本緊急通報サービスが提供する緊急通報サービスです。ヘルプネット®は同社の登録商標です。

※D-Call Net®は認定NPO法人 救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)の登録商標です。ドクターヘリが出動できるエリアには制限があり、時間帯、天候などにより出動できない場合があります。SOSボタンを押した場合は、D-Call Net ®には対応しません。

スズキトラブルサポート

スズキコネクトアプリから24時間365日つながる専門のオペレーターが、クルマのトラブル解消をサポートします。

*本サービスを車内でご利用になる場合は、安全な場所に停車してから行なってください。

*一部の警告灯はメーター内に点灯してもスマートフォンに通知が届かない場合もあります。

スズキトラブルサポートとは?

警告灯の点灯時パンク
操作方法がわからない時など、
オペレーターが状況を確認しながら
適切なアドバイスを行ないます。

スズキトラブルサポートの流れ

警告灯点灯やパンク、バッテリー上がりなどの一般的な故障に加え、操作方法がわからないなど
様々なトラブルに対応します。

※1 スズキトラブルサポートは、会員情報としてご登録されたJAFまたは保険会社への取次を行います。

※2 お気に入り店にはお客様が車両を購入した販売店が登録されます。

他のサービスを見る

「快適・便利」なアプリサービス

  • ■ご利用には「スズキコネクトアプリ」のインストールが別途必要となります。
  • ■掲載のサービス内容は2021年12月現在のものです。予告なく変更、停止になる場合があります。
  • ■掲載のスマートフォン画面はイメージです。実際とは異なる場合があります。
  • ■スズキコネクトをご利用になる際のスマートフォンの通信料はお客様負担となります。