健康宣言

スズキグループは、従業員一人ひとりが明るく活き活きと、風通し良く助け合える職場づくりを目指し、企業活動の担い手であるすべての従業員が安全で健康に働けることを推進するため、“チームスズキ”として健康活動に取り組みます。

健康経営有料法人

推進体制

代表取締役社長をトップに、人事部が推進事務局を担います。
推進に当たり、従業員の健康を支える健康推進産業医・保健師・看護師など専門職の意見を積極的に取り入れ、労使で連携し推進いたします。

重点取り組み事項

1.健康で働きやすい職場環境づくり ~早期発見・早期ケア~

当社では従前、定期健康診断および再検査の100%受診を標榜し、早期発見・早期ケアに努めてきました。
特に若年層のうちから生活習慣病を未然に防止し、職場環境の維持・向上に努めます。

2.メンタルヘルス向上

当社では、より働きやすい職場環境を目指し、ストレスチェックの実施に加え、実施後のケアについても積極的に取り組みます。

3.健全な身体(心と体)づくりの実施

当社では、健全な身体づくり促進のための運動習慣の創出機会を目指し、従業員が積極的に取り組める健康促進に努めます。

4.身近な健康リテラシーの向上

当社では、従業員の日頃からの健康維持を促進するため、従業員およびその家族の健康リテラシーの向上に努めてまいります。

 

健康推進体制 組織図

健康経営 戦略マップ

  • ※1 何らかの健康問題によって業務効率が落ちている状態
  • ※2 欠勤をすることによって業務ができなくなる状態
  • ※3 活力(仕事から活力を得ている)・熱意(仕事に誇りとやりがいを感じる)・没頭(仕事に熱心に取り組んでいる)が満たされている状態

健康指標

項目 2019年度 2020年度 目標
定期健康診断 受診率 100% 100% 100%
定期健康診断 再検査受診率 75.2% 74.2% 100%
特定保健指導実施率 38.1% 47.1% 55%
ストレスチェック回答率 95.5% 95.6% 100%
喫煙率 27.9% 26.6% 2026年までに22%以下

健康経営 取り組み例

定期健康診断後の再検査受診率アップの取り組み

再検査対象者へ再検査調査票を配布し、社内医務室にて受診結果の確認・受診勧奨を行っています。
また、生活習慣病ハイリスク者へは社内産業医・保健師・看護師より、従業員個々の問題に沿って相談・指導を行っています。

特定保健指導(※)実施率アップの取り組み

特定保健指導対象者は、特定健診当日に初回面談を実施できる様、従業員へ呼び掛けを行っています。
また、健康保険組合と各事業所医務室が連携し対象者を把握、健診機関で指導を受けられなかった対象者は、社内医務室でも特定保健指導を受ける事が出来る仕組みを作っています。

  • ※ 特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

喫煙率低下の取り組み

禁煙チャレンジャーを募集し、健康保険組合にて禁煙にチャレンジする従業員に禁煙外来費の半額(上限1万円)を助成しています。
また、受動喫煙防止の取り組みとして、屋内全面禁煙・喫煙場所(屋外)や喫煙時間の限定を行っています。

海外駐在者健康管理の取り組み

海外駐在者に対し、駐在前・後の健診・予防接種を社内で行っています。
また、海外駐在中もオンライン会議システムなどを通し、社内産業医・保健師・看護師による相談・指導を受ける事が出来る仕組みを作っています。

新型コロナウイルス感染症対策 取り組み例

  • 社内に新型コロナウイルス対策本部を設置
  • 社内にて、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施
  • 社内にて、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止行動基準を作成
  • 定期的に従業員へ感染予防の為の職場・プライベートでの注意事項について教育
  • 行動履歴と体調管理を記録できるアプリを作成し活用
  • Web面談・保健指導の実施
  • 各職場に手指消毒用のアルコール・清拭用のアルコールを設置
  • 職場巡視にて、各職場のCO2濃度を測定し換気を指導
  • 布マスクを作成し、従業員へ配布

【社内職域接種の様子】