室内空間

長さ、幅、高さが軽キャブワゴンNo.1※1の室内空間。4名乗車でもしっかり荷物を積めます。

*写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

Photo:PZターボスペシャル 2WD車 ボディーカラーはクールカーキパールメタリック(ZVD)

  • ※1 軽キャブワゴン=1BOX型軽乗用車。2020年6月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります。

前席、後席、荷室もゆとりの広さ

室内長・室内幅・室内高、すべてが軽キャブワゴンNo.1※1の室内サイズ※2。4人がゆったり乗りながら、たくさんの荷物を積める大空間です。

*数値を示す矢印の位置・長さはイメージのため一部実測と異なります。

Photo:PZターボスペシャル 2WD車 ボディーカラーはクールカーキパールメタリック(ZVD)

  • ※1 軽キャブワゴン=1BOX型軽乗用車。2020年6月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります。
  • ※2 室内サイズとは、室内長・室内幅・室内高(ハイルーフ車)の寸法(社内測定値)。

足元が広く快適なリヤシート

左右独立スライド機構付のリヤシートは、前後に180mmスライド。足元のスペースにゆとりがあり、リクライニング機構とあわせて快適に過ごせます。

  • *写真は駐車して休んでいる状態です。
  • *数値を示す矢印の位置・長さはイメージのため一部実測と異なります。

  • ※1 軽キャブワゴン=1BOX型軽乗用車。2020年6月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります。

機能性とくつろぎを両立するフロントベンチシート

運転席と助手席は独立していながら座面がベンチシートなので、助手席からの乗り降りもスムーズにできます。

Photo:PZターボスペシャル 2WD車

前席での移動も簡単ウォークスルー

インパネシフトの採用で足元に広いスペースを確保。前席での横移動もスムーズです。

Photo:PZターボスペシャル 2WD車

視界が良く、運転のしやすさにこだわり抜いた運転席。

  • *ナビゲーションは販売会社装着アクセサリー(別売)です。また、ナビゲーション付属品は、撮影のため取り外しています。
  • *メーターパネルは機能説明のために各メーターを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • *画面はハメコミ合成です。

Photo:PZターボスペシャル 2WD車

運転しやすい最適なドライビングポジション

運転席のシートスライド量は230mm。ステアリングの高さを調整できるチルトステアリングとあわせて、運転しやすく疲れにくい運転姿勢を保てます。

*メーターパネルは機能説明のために各メーターを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。

Photo:PZターボスペシャル 2WD車

エンジンオイル交換お知らせ機能

Photo:PZターボスペシャル 2WD車

エンジンオイルの交換時期になると、メーター内のインジケーター点灯と、マルチインフォメーションディスプレイ内の「OIL」表示でお知らせします。

  • ●エンジンオイル交換お知らせ機能について、詳しくは販売会社にお問い合わせください。
  • *工場出荷時はお知らせ機能作動状態となっています。
  • *メーターパネルは機能説明のために各メーターを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。

スムーズな乗り降りができる、乗降グリップ/乗降ステップ

運転席と助手席、後席両側に乗降グリップと乗降ステップを装備。握りやすい大型の乗降グリップと、軽キャブワゴンNo.1※1の低いステップ高(後席)で、乗り降りがスムーズにできます。

Photo:PZターボスペシャル 標準ルーフ車 ボディーカラーはクールカーキパールメタリック(ZVD)

乗降グリップ(前席)

乗降グリップ(後席)

乗降ステップ(前席)

乗降ステップ(後席)

  • ※1 軽キャブワゴン=1BOX型軽乗用車。2020年6月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります。

広いスペースを多彩に使いこなせるシートアレンジ

4人乗っても、ゆとりあるカーゴスペース。家族や友達との旅行はもちろん、趣味の道具を積むスペースにも最適。多彩なシートアレンジで長尺物も余裕で積載。フルフラットにすれば、車中泊もできる快適空間に。自分らしく使いこなすほど、遊びや楽しさが広がります。

1名乗車+荷物

*サーフボードのサイズ・形状によっては、積載できない場合があります。

2名乗車+荷物

*自転車のサイズ・形状によっては、積載できない場合があります。

3名乗車+荷物

4名乗車+荷物

フルフラット

  • *衝突のときなどにシートベルトが本来の効果を発揮できなくなりますので、シートの背もたれを必要以上に倒して走行しないでください。
  • *写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

Photo:PZターボ ハイルーフ 2WD車 ボディーカラーはブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

助手席前倒し機構

助手席のシートバックを前方に倒せば背面がフラットになり、長尺物も余裕で積載できます。

*写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

Photo:PZターボ ハイルーフ 2WD車

使い勝手に配慮した多彩な収納スペース

インパネドリンクホルダー

インパネトレー(助手席)

グローブボックス

センターミドルトレー

インパネアンダーボックス(センター)

ショッピングフック(インパネ)

*耐荷重2kg

インパネアッパーポケット(運転席)

カードケース

フロントドアペットボトルホルダー

フロントドアポケット(助手席側)

フロントドアポケット(運転席側)

助手席シートバックポケット

オーバーヘッドコンソール

(上)ラゲッジサイドアッパーポケット(運転席側)
(下)ラゲッジサイドポケット

リヤドアペットボトルホルダー

*写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

Photo:PZターボ ハイルーフ 2WD車 ボディーカラーはブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

4名乗車でもゆとりのラゲッジ容量

Photo:PZターボスペシャル ハイルーフ車

ゆとりある室内空間で、4人乗っても最大1,123L※3※4のラゲッジ容量を確保し、しっかり荷物を積むことができます。家族や仲間と出かけたり、趣味の道具や大きな荷物を積んだり、アクティビティーの楽しさがもっと広がります。

  • ※3 ハイルーフ車。リヤシートスライドを最前端にした際の数値。
  • ※4 VDA(ドイツ自動車工業会)の定めたトランク容量測定方法。
  • 容量1L(50mm×100mm×200mm)のテストボックスを実際にトランクに詰めて個数で測定。

可能性をさらに拡げる販売会社装着アクセサリー

2段ベッドセット

レジャー使用はもちろん、自然災害などの緊急時にも役立ちます。乗車定員4人全員が足を伸ばすことができます。

  • *詳しくは、専用のアクセサリーカタログをご覧ください。
  • *写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

Photo:PZターボ ハイルーフ車 ボディーカラーはムーンライトバイオレットパールメタリック(ZVJ)

ベッドクッション

Photo:PZターボ ハイルーフ車

車中泊をより快適に過ごせるベッドクッション。純正ならではのピッタリサイズと使いやすさです。

  • *詳しくは、専用のアクセサリーカタログをご覧ください。
  • *写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

アイデア次第で荷室をもっと使いやすく

ユーティリティーナット / ラゲッジボードステー

エブリイワゴンには、多彩な販売会社装着アクセサリー(別売)を取り付けることができるユーティリティーナットやラゲッジボードステーを標準装備しています。

  • *ユーティリティーナットは、ルーフ左右に各3ヶ所、ラゲッジ左右に各2ヶ所の計10ヶ所。ラゲッジボードステーは上下2段に設けられています。
  • *詳しくは、専用のアクセサリーカタログをご覧ください。

Photo:PZターボ ハイルーフ車 ボディーカラーはムーンライトバイオレットパールメタリック(ZVJ)

ユーティリティカラーリングフック
(販売会社装着アクセサリー)

ラゲッジトノボード
(販売会社装着アクセサリー)

趣味をさらに深める販売会社装着アクセサリー

マルチルーフバー(サイド・センター) / ロッドホルダー / ルーフパッキングネット

組み合わせ次第でさまざまなシーンに対応。頭上空間を有効活用できます。

Photo:PZターボ ハイルーフ車 ボディーカラーはムーンライトバイオレットパールメタリック(ZVJ)

  • *写真中のマルチルーフバー(サイド・センター)/ロッドホルダーは販売会社装着アクセサリー(別売)です。詳しくは、専用のアクセサリーカタログをご覧ください。
  • *写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。