1. ホーム
  2. 企業情報

企業情報

代表者あいさつ

当社は、スズキ株式会社の直営代理店として、環境に優しく安全・安心なクルマ社会に貢献し、熊本の皆様から愛される会社を目指して、従業員一同 日々の活動に取り組んでいます。

また、当社ではお客様との繋がりを大切にし、安心をお届けするため、社員の健康を経営の”礎(いしずえ)”と捉え、社員とその家族一人ひとりが「心身ともに健康」に生活することを支援し、生き生きと働ける会社=社会的な健康 の実現を目指してまいります。

 

【健康宣言】

●健康に対する意識と実践は、私たち自身の健康増進に寄与するのみにならず、私たちのお客様との繋がりを深め、未来へともに歩むという経営ビジョンを具現化し、加速させ、ひいては社会への貢献に繋がるものと確信しています。

●若い社員が多い一方で、会社創設以来のベテラン社員の高齢化が進む中にあって、個々人の健康の維持はもとより、やりがい、社会的な役割の確保についても、会社はイコールパートナーとして支援してまいります。

この宣言は、“お客様との繋がりを築く”という私たちのビジネスを遂行するにあたり、私たちの健康に対する基本的なスタンスを明文化したものです。同時に私たちがこれまで進めてきた働き方改革、健康診断管理などの取り組みと課題を、改めて健康経営のベクトル(目標)の下に一元化に集約し、これからの活動に取り組んで行くものです。

                              

■課題

昨年度、全従業員を対象に「行動変容調査」を実施いたしました。ここで浮き彫りになったのは次の3点です。

・健康維持へ向けての行動変容を促すこと、気付き、そして一歩でも動くこと

・健康を維持する中で、仕事を通じての自己実現(やりがい、満足)が得られ、ひいては生産性の向上へ繋がる好循環の流れを生み出すこと

・それぞれの世代が抱える固有の問題(不安)改善へ向けて、組織横断的に向き合える体制づくり

■課題の囲い込み(5W2H)・・・解決へ向けての組織体制

「誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どうやって、いくらかけて」が課題解決の鍵となります(健康維持も経営=マネジメント次第なのだから)。

・経営層・・・代表者による健康経営宣言と担当役員の配置

・労使協議会・・・毎月の会議の場での健康関連の活動・施策の取組み状況の報告と協議

・産業医、保健師・・・職場巡視を通じた健康・安全に関する指導・助言及び職場でのストレッチの実践指導、労災二次健診勧奨

・スズキ健康保険組合・・・健保だより(月報)、各種健診受診率公表、健康推進サポート

■個別課題と達成すべき目標値

初期の重点取組み目標として、生活習慣課題(行動変容アンケート結果より)を採り上げます。

例)朝30分早起き(睡眠) ⇒ 散歩(運動) ⇒ 朝食を取る ⇒ 元気に仕事 ・・・好循環

①生活習慣の意識付け 現状29%(気を付けている)⇒ 50%

②喫煙率 現状38%  ⇒ 30%

③勤務中のストレッチの実施 現状33%  ⇒ 50%

■既に達成できている項目

・定期健診受診率 100%(前年度、再検査を含む)

・歯科検診受診率 100%(前年度、40歳以上)

・家族健診受診率 100%(前年度、40歳以上)

・ストレスチェックの実施 100%(前年度、高ストレス者比率16.4%) 

                                     以上

中江 直紀
代表取締役社長 中江 直紀

企業概要

2020年6月

会社名 株式会社スズキ自販熊本
所在地 〒860-0826 熊本県熊本市南区平田1-1-6
TEL/FAX:096-355-2311㈹/096-356-2533
設立 1958年1月
資本金 9,000万円
代表者 代表取締役社長 中江 直紀
従業員数 296人(2020年5月)
事業所

熊本市(9拠点)、宇土市、天草市、八代市、人吉市、水俣市、阿蘇市、山鹿市、玉名市、荒尾市

事業内容

軽自動車と小型車の販売及び修理 福祉車両(セニアカー)の販売、修理 自動車部品、用品の販売 損害保険代理店業務

売上高 203億円(2019年3月期)

沿革

昭和33年1月 設立 社名 熊本コレダ販売
昭和39年11月 社名変更 熊本スズキ
昭和47年11月 資本金9,000万円に増資
平成3年1月 社名変更  株式会社スズキ自販熊本
平成12年3月 アリーナ3店、中古車1店 カルタス会社より吸収
平成16年5月 スズキアリーナ熊本中央を吸収合併

お問い合わせ