外観

エクステリア

Photo:ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

Photo:シルキーシルバーメタリック(Z2S)

Special equipment[特別装備]

スタイルと使いやすさにこだわったスペシャルモデル。

Exterior[外観]

ブラックメッキフロントガーニッシュ

カラードドアミラー

メッキドアハンドル

Interior[内装]

シートライザーカーペット(運転席、助手席)

シルバーインサイドドアハンドル

Comfortable[快適装備]

パワーウインドー
[ロック機構/ 運転席オート・挟み込み防止機構付]

ドアポケット(運転席、助手席)

パワードアロック

電波式キーレスエントリー
[ハザードランプアンサーバック付]

  • *写真中の小物は、撮影のための小道具です。走行中は、荷物が移動し、運転の支障とならないようしっかりと固定または収納してください。

Photo:ボディーカラーはクールカーキパールメタリック(ZVD)

  • *基本性能の説明はキャリイ標準車の写真を使用しています。

安全装備

夜間の歩行者も検知する、衝突被害軽減ブレーキ。

デュアルカメラブレーキサポート

2つのカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によってドライバーに警告。衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

  • *自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください。
  • *自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

踏みまちがいによる急発進を回避。

誤発進抑制機能

駐車場などで、前方に壁などがあるにも関わらずシフトを5MT車はR以外、3AT車はD・2・L(前進)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと警告音が鳴り、さらに強く踏み込み続けると最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制。急発進・急加速を抑えて、踏みまちがいなどによる衝突回避に貢献します。

*ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

シフト入れまちがいによる不意の後退を回避。

後方誤発進抑制機能

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと警告音が鳴り、さらに強く踏み込み続けると最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止。シフトの入れまちがいなど、うっかり誤操作による衝突回避に貢献します。

*ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

  • ※1 軽自動車トラッククラス。 2019年9月現在、スズキ調べ。(後方誤発進抑制機能は2018年5月より搭載)
〈デュアルカメラブレーキサポート・誤発進抑制機能・後方誤発進抑制機能について〉■検知性能・制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。■状況によっては正常に作動しない場合があります。■対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または被害を軽減できない場合があります。■ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行なっているときは、作動しない場合があります。■ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。■詳しくは販売会社にお問い合わせください。〈各機能の作動条件〉●デュアルカメラブレーキサポート:自車速度約5km/h~約50km/hで走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合。作動したときの速度が約5km/h~約30km/h(歩行者の場合も約5km/h~約30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。なお、警報およびブレーキアシストは約100km/hまで作動します。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動(衝突被害軽減)ブレーキが作動する場合があります。●誤発進抑制機能:シフトが5MT車はR以外、3AT車はD・2・Lの位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約4m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。●後方誤発進抑制機能:停車または約10km/h 以下で後退中、後方約3m 以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。

積載性能

軽トラックNo.1※2の荷台フロア長2,030mmと、低い荷台床面地上高650mm!

農作業コンテナなどの荷物もきっちり積み込めるほか、軽トラックNo.1※2の荷台フロア長により、長尺物もラクに運ぶことができます。また、軽トラックNo.1※2の低い荷台床面で毎日の作業にかかる負担を大幅に軽減します。

Photo:KX ボディーカラーはホワイト(26U)

  • ※2 軽自動車トラッククラス。2021年3月現在、スズキ調べ。他社にも同数値、同保証年数の車があります。
  • ※3 KCエアコン・パワステ農繁仕様、KCパワステ農繁仕様、農繁スペシャルの荷台幅は1,405mm、荷台高は295mm。

走行性能

軽トラックMT車No.1※2の最高出力で、パワフルな走りを実現。

パワフルさと低燃費を両立する吸気VVT(可変バルブタイミング)付きR06A型エンジンを搭載。低中速域で安定したトルクが得られるとともに、スムーズな加速性能、たくましい登坂性能を発揮します。

  • *VVT=Variable Valve Timing
  • *〈 〉内は、旧単位での参考値です。

軽トラックNo.1※2の最小回転半径3.6m!

軽トラックNo.1※2の最小回転半径を実現。ホイールベースが短く内輪差が小さいため、狭い道やUターン時でも取り回しがラク。また、積載時の重量バランスにも優れており、悪路も安定して走ることができます。

Photo:KC ボディーカラーはホワイト(26U)

  • ※2 軽自動車トラッククラス。2021年3月現在、スズキ調べ。他社にも同数値、同保証年数の車があります。

その他の装備

ボディー表面積100%に防錆鋼板採用。軽トラックNo.1※2の長期サビ保証も!

防錆(亜鉛メッキ)鋼板をキャビンのアウトサイドパネルとアングルポストにも採用。荷台フロアとゲートヒンジの合わせ面外周にシーラー(充填材)を、ドアヒンジには防錆油を塗布しています。

さらに3層塗装でサビからガード

防錆鋼板の採用に加えて、中塗りをプラスした入念な3層塗装が施されています。

ステンレスマフラー イメージ図

車の骨格となるフレームにも防錆鋼板を採用。ホイールハウス内やフレーム側面にはアンダーコートなどを施し、泥はねなどによる下まわりのサビ防止を強化することで、ボディーの耐久性を高めています。また、マフラーはサビに強いステンレス製(分割式)を採用。融雪剤などによる外部腐食やマフラー内にたまった水による内側の腐食にも強くなっています。

充実した軽トラックNo.1※2の長期サビ保証を全車※4に採用!

ボディー外板表面のサビは荷台を含み3年保証、ボディー外板の穴あきサビは荷台を含み5年保証と、長期保証を全車※4に採用。

  • *ボディー外板の表面に発生するサビ現象は保証の対象ですが、お客様が使用過程で塗装を傷つけたことから生じたサビは、サビ保証の対象外です。
  • *穴あきサビとは、塗装の下の鋼板部分より発生し進行したサビによる、ボディー外板の穴あき現象を指します。サビ保証の詳しい内容については、販売会社にお問い合わせください。

  • ※2 軽自動車トラッククラス。2021年3月現在、スズキ調べ。他社にも同数値、同保証年数の車があります。
  • ※4 特装車の荷台は保証の対象外です。

農繁スペシャル その他の装備

デフロック

ぬかるみなどで後輪の片方が空回りした場合に、スイッチをONにするだけで、もう一方のタイヤに駆動力を伝達。ぬかるみなどからの脱出時に威力を発揮します。

*デフロック機構は、安全のため30km/hを超えた場合は自動的に解除されます。

高低速2段切替え式パートタイム4WD

平坦な砂利道やあぜ道などでは4H(4WD高速)を、起伏の激しい荒れた道などでは4L(4WD低速)をレバー操作で切り替えることができます。

*4Hと4Lの切り替えは、必ず停車して行なってください。

荷台作業灯

アングルポストプロテクター

アッパーメンバーガード

リヤゲートチェーン

重積載時の走りを支える強化リヤサスペンション[4枚リーフスプリング](メーカーオプション)

強化リヤサスペンション[4枚リーフスプリング]をメーカーオプション設定。重積載時の車体の沈み込み抑制に効果を発揮します。

●定められた積載量を守ってご使用ください。最大積載量350kg

*メーカーオプションはご注文時に申し受けます。ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。

このクルマを見た人は、こんなクルマにも興味を持っています。

購入サポート