法人のお客様へ 様々なニーズに応える スズキ ラインアップ法人のお客様へ 様々なニーズに応える スズキ ラインアップ

ビジネスカーにおすすめラインアップ

日々の運転をサポートする衝突被害軽減ブレーキ搭載車や燃費性能に優れたハイブリッド車(電動車)を揃えています。

ハイブリッド車(電動車)なら詳しく見る

スズキのハイブリッドはココがポイント!

モーターがエンジンをアシストして燃費の向上に貢献!

*「モーターアシスト」の作動には、バッテリーの状態等、一定の条件があります。

アイドリングストップからの再始動時にキュルキュル音がしないので快適!

加速時のモーターアシストに加え、約60km/h以下の中低速での一定走行時にEV走行!燃費の向上と力強い走りを実現します。

*EV走行とモーターアシストの作動および作動時間には、バッテリーの状態など一定の条件があります。

Photo:2WD車 ボディーカラーはダスクブルーメタリック

Photo:HYBRID S 2WD車 ボディーカラーはソフトベージュメタリック ホワイト2トーンルーフ *オーディオレス仕様。

  • ※1 軽自動車クラス。WLTCモード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2021年12月現在、スズキ調べ。 
マイルドハイブリッド搭載

アルト HYBRID Sアルト HYBRID S

ワゴンR HYBRID FXワゴンR HYBRID FX

ソリオ HYBRID MXソリオ HYBRID MX

ハイブリッド搭載

スイフト HYBRID SZ

大きい荷物や長尺物を載せるなら詳しく見る

広い荷室で、毎日の仕事をサポート。

エブリイ軽商用車660
広い開口部で積み降ろしがスムーズです。

Photo:PC 4AT車 *社内測定値

広い開口部で積み降ろしがスムーズです。

Photo:PC 4AT車 *社内測定値

多彩な荷物が、たっぷり積める。
  • *たたみ以外は助手席にも積載(助手席前倒し時)。
  • *記載の積載量はPC、PAリミテッド、PAでの数量です。
  • *積載例の数値はあくまでも容積のみの目安です。最大積載量(2名乗車時:350kg、4名乗車時:250kg)の範囲内でご使用ください。

積みやすさと優れた積載能力で毎日の仕事の強い味方。

キャリイ
軽トラックNo.1※7の 荷台フロア長!

軽トラックNo.1※6の 荷台フロア長!

Photo:KX *社内測定値

広々としたフラットな荷台は、積みやすさも積載能力も余裕たっぷり

*積載例の数値はあくまでも容積のみの目安です。最大積載量350kgの範囲内でご使用ください。

*衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能について、詳しくはどんなお仕事にも「あんしん」を。をご覧ください。

  • ※4 助手席シートスライドを最前端にした際の助手席後端からバックドアまでの長さ。
  • ※5 バックドアガラスより下の位置まで積載した場合の枚数。(たたみの厚さは55mm)
  • ※6 軽自動車トラッククラス。2022年4月現在、スズキ調べ。他車にも同数値の車があります。
  • ※7 KCエアコン・パワステ農繁仕様、KCパワステ農繁仕様の荷台幅は1,405mm、荷台高は295mm。

*グレードにより、仕様・装備等が異なる場合がございます。詳しくは車両カタログをご覧ください。

エブリイ PA スズキ セーフティ サポート装着車

キャリイ KCエアコン・パワステ スズキ セーフティ サポート装着車

経済性で選ぶなら詳しく見る

優れた燃費で大活躍。

アルト軽乗用車660

Photo:HYBRID X

リヤシートを倒せば、仕事道具も楽に載せられます。

Photo:HYBRID X

Photo:HYBRID X *社内測定値


ちょうど良さと経済性を兼ね備えています。

ワゴンR軽乗用車660

Photo:HYBRID FX ベージュ内装

コンパクトな外観からは想像できない驚きの広さ。

前後左右も、高さもゆとりのある室内空間は、大人4人が乗ってもゆったりくつろげる広さ。後部座席でも足を伸ばして座れるのでちょっとしたお出かけはもちろん、ロングドライブでも快適に過ごせます。

電動車(ハイブリッド車)もございます。

*衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能について、詳しくはどんなお仕事にも「あんしん」を。をご覧ください。

  • ※8 軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。WLTCモード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2021年10月現在、スズキ調べ。ワゴンRスティングレーも同数値、同燃費値です。また、他社にも同数値、同燃費値の車があります。

*グレードにより、仕様・装備等が異なる場合がございます。詳しくは車両カタログをご覧ください。

アルト A

ワゴンR FA

後席の快適性で選ぶなら詳しく見る

スライドドアで乗り降りがしやすく、室内空間が広いので後席も快適です。

ソリオ登録車1200

狭い場所でも 乗り降りしやすい。

狭い場所でも大きく開くスライドドアを後席両側に採用。ドアの開閉に気を使うことなく乗り降りできます。

Photo:HYBRID MZ

荷室にたっぷり荷物を積んでも後席の足元に余裕があります。

電動車(ハイブリッド車)もございます。
ワンポイント!車両重量1t以下は車検時のコスト(重量税)が軽減されます。
登録車 機種名 グレード 重量 駆動方式 トランス
ミッション
重量税額
[新規検査3年
(自家用))]
重量税額
[初回継続検査等2年
(自家用))]
エコカー減税率
ソリオ G 960kg 2WD CVT 24,600円 16,400円 -
ソリオ HYBRID MX 1,000kg 2WD CVT 24,600円 16,400円 -
  登録車
機種名 ソリオ ソリオ
グレード G HYBRID MX
重量 960kg 1,000kg
駆動方式 2WD 2WD
トランスミッション CVT CVT
重量税額
[新規検査3年(自家用))]
24,600円 24,600円
重量税額
[初回継続検査等2年(自家用))]
16,400円 16,400円
エコカー減税率 - -

エコカー減税について 「減税」とは、新車ご購入時における「エコカー減税」による減税措置です。自動車重量税の減税は、2023年4月30日新車登録まで。グレード、メーカーオプションや販売会社装着アクセサリー(別売)等の装着により減税額が異なる場合や対象外となる場合があります。重量税額[初回継続検査等2年(自家用)]は、2021年9月時点での金額です。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

*グレードにより、仕様・装備等が異なる場合がございます。詳しくは車両カタログをご覧ください。

ソリオ G

●写真のピュアホワイトパール塗装22,000円(消費税込み)は価格に含まれておりません。

走りにこだわるなら詳しく見る

運転がしやすく、乗り心地が良いので長時間の運転におすすめです。

スイフト登録車1200

Photo:HYBRID SZ

体格や好みに合わせて設定できる
ドライビングポジション。

チルトステアリングは上下に40mm、テレスコピックステアリングは前後に36mm、さらにシートスライドは前後に10mmずつ24段階の240mm、運転席シートリフターは上下に60mm調整できます。

運転のしやすさと快適性を同時に叶える
パッケージング。

電動車(ハイブリッド車)もございます。

*衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能について、詳しくはどんなお仕事にも「あんしん」を。をご覧ください。

ワンポイント!車両重量1t以下は車検時のコスト(重量税)が軽減されます。
  機種名 グレード 重量 駆動方式 トランス
ミッション
重量税額
[新規検査3年
(自家用)]
重量税額
[初回継続検査等2年
(自家用))]
エコカー減税率
登録車 スイフト XG 890kg 2WD CVT 24,600円 16,400円 -
スイフト HYBRID SZ 970kg 2WD 5AGS 7,500円 10,000円 50%減税
  登録車
機種名 スイフト スイフト
グレード XG HYBRID SZ
重量 890kg 970kg
駆動方式 2WD 2WD
トランスミッション CVT 5AGS
重量税額
[新規検査3年(自家用)]
24,600円 7,500円
重量税額
[初回継続検査等2年
(自家用))]
16,400円 10,000円
エコカー減税率 - 50%減税

エコカー減税について 「減税」とは、新車ご購入時における「エコカー減税」による減税措置です。自動車重量税の減税は、2023年4月30日新車登録まで。グレード、メーカーオプションや販売会社装着アクセサリー(別売)等の装着により減税額が異なる場合や対象外となる場合があります。重量税額[初回継続検査等2年(自家用)]は、2021年9月時点での金額です。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

  • ※9 4WD車は1,525mm。
  • ※10 社内測定値。

*グレードにより、仕様・装備等が異なる場合がございます。詳しくは車両カタログをご覧ください。

スイフト XG

福祉車両 WITHシリーズ簡単操作で乗り降りもスムーズにできます。

キャリイ特装シリーズ様々なお仕事をサポートします。

  • ※2 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • ※3 WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。
  • *WLTC=Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle
  • *EV走行、モーターアシスト、アイドリングストップの作動には一定の条件があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
  • *グレードにより、仕様・装備等が異なる場合がございます。詳しくは車両カタログをご覧ください。
  • *保険料、税金(除く消費税)、登録・届出等に伴う諸費用、リサイクル料金は別途必要となります。

どんなお仕事にも「あんしん」を。詳しく見る

毎日の安心と、クルマの楽しさを支える。スズキの安全技術

SUZUKI Safety Support

安心して、楽しくスズキのクルマに乗っていただきたいという想いから生まれた「スズキ セーフティ サポート」。事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。

夜間の歩行者も検知する、
衝突被害軽減ブレーキ。

デュアルカメラ
ブレーキサポート

2つのカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によってドライバーに警告。衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

作動対象 作動速度 センサーの違い
前方
人+クルマ
約5~約100km/h
(キャリイは約5~約85km/h)
ステレオカメラ
  • *衝突被害軽減ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください。
  • *衝突被害軽減ブレーキ機能作動後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

搭載車両 夜間の歩行者も検知!


人にも、クルマにも作動する衝突被害軽減ブレーキ。

デュアルセンサー
ブレーキサポート

前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によってドライバーに警告。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

作動対象 作動速度 センサーの違い
前方
人+クルマ
約5~約100km/h
*対象がクルマの場合
単眼カメラ&
レーザーレーダー
  • *衝突被害軽減ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください。
  • *衝突被害軽減ブレーキ機能作動後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。
搭載車両

「ぶつからない」をサポート
後退時ブレーキサポート

アルト、ワゴンR、ソリオ、スイフト、エブリイ


「前に飛び出さない」をサポート

誤発進抑制機能

アルト、ワゴンR、ソリオ、スイフト、エブリイ、キャリイ


「後ろに飛び出さない」をサポート

後方誤発進抑制機能

アルト、ワゴンR、ソリオ、スイフト、エブリイ、キャリイ

「サポカー」、「先進安全技術の性能認定車」について*スズキ セーフティ サポート搭載車

*サポカーは、政府が事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。全ての年代の方にお勧めしていますが、高年齢層の方に多いペダル踏み間違い事故を起きにくくする装置なども備えていますので、高齢者の皆様には特にお勧めしています。*先進安全技術の性能認定車とは、事故防止対策の一環として、衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い急発進抑制装置が一定の性能を有していることを国土交通省が評価する制度で認定された車です。
詳しくは、こちらをご覧ください。https://www.suzuki.co.jp/car/support_car/

  • *スズキ セーフティ サポートに関して詳しくは車両カタログをご覧ください。
  • *グレードにより仕様・装備等異なる場合がございます。詳しくは車両カタログをご覧ください。
〈デュアルカメラブレーキサポート・デュアルセンサーブレーキサポート・後退時ブレーキサポート・誤発進抑制機能・後方誤発進抑制機能について〉■運転支援を目的としています。■検知性能・制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。■状況によっては正常に作動しない場合があります。■ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。〈デュアルカメラブレーキサポート・デュアルセンサーブレーキサポート・後退時ブレーキサポートについて〉■対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または被害を軽減できない場合があります。■ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行なっているときは、作動しない場合があります。■車種によって、機能や作動条件が異なる場合がございます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。〈各機能の作動条件〉●デュアルカメラブレーキサポート:自車速度約5km/h〜約100km/hで走行中〈〈キャリイのDCBS装着車は約5km/h〜約85km/h〉〉、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合。作動したときの速度が約5km/h〜約50km/h(歩行者の場合は約5km/h〜約30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。なお、キャリイのDCBS装着車も警報およびブレーキアシストは約100km/hまで作動します。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に衝突被害軽減ブレーキが作動する場合があります。●デュアルセンサーブレーキサポート:自車速度約5km/h〜約100km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約60km/h)で走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合。作動したときの速度が約5km/h〜約50km/h(歩行者の場合は約5km/h〜約30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に衝突被害軽減ブレーキが作動する場合があります。●後退時ブレーキサポート:約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知し、システムが「このままでは衝突が避けられない」と判断した場合。

★記載のメーカー希望小売価格は消費税率10%に基づいています。メーカー希望小売価格はいずれもタイヤパンク応急修理セット(エブリイ、キャリイ、キャリイ特装車シリーズは、タイヤパンク応急修理セットのかわりにスペアタイヤを装備)・ジャッキ付で、保険料、税金(除く消費税)、登録・届出等に伴う費用および付属品価格は含みません。メーカー希望小売価格は参考価格です。価格は販売会社が独自に定めていますので、詳しくは各販売会社にお問い合わせください。メーカーオプション、車体色により価格が異なります。リサイクル料金が別途必要となります。

  • ●本カタログ中の小物は、撮影のための小道具です。
  • ●掲載車両の仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。(2022年4月現在)
  • ●軽四輪自動車にも保管場所が必要です。
  • ●掲載写真の色は実際とは異なる場合があります。
  • ●架装事業者は車種により異なります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。